ここから本文です

J.フロントの財務革命 「店舗バランスシート」の威力

2017/12/16(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

J.フロントの財務革命 「店舗バランスシート」の威力

J.フロントの財務革命 「店舗バランスシート」の威力

<2017年12月16日号> 百貨店大手・J.フロント リテイリングの財務担当取締役・若林勇人氏は、経営会議の席で、ある違和感を抱いていた。2015年5月、電機大手・パナソニックから転じてすぐのことだ。

J.フロントは、利益を示すPL(損益計算書)については深く細かく、徹底して検証している。ところが、「BS(バランスシート、貸借対照表)については、ほとんど議論していない」。

メーカーと違い、百貨店は現金での収入が多く、売上債権の回収期間が短い。現金の不足を心配することが少ないため、BSについての議論は浅くなりがちだ。だがJ.フロントは、「脱百貨店経営」を掲げ、資産効率を高めるビジネスモデルを追求している。ROE(自己資本利益率)を21年度に8%以上へ引き上げることが中期目標だ(16年度は7.6%)。 本文:3,205文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/29(月) 15:36
週刊東洋経済