ここから本文です

ジダン、通算“8冠”でレアル監督として歴代2位タイに。就任わずか2年で快挙

2017/12/17(日) 20:01配信

フットボールチャンネル

 FIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)の決勝が現地時間16日に行われ、レアル・マドリーとブラジルのグレミオが対戦。FWクリスティアーノ・ロナウドの得点により1-0の勝利を収めたマドリーが優勝を飾った。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 昨年の決勝でも鹿島アントラーズを下して優勝したマドリーは、クラブW杯で2年連続3度目の優勝。大会史上初の連覇を飾るとともに、優勝回数でも宿敵バルセロナに並ぶ最多タイとなった。

 マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督にとっては通算8個目のタイトル獲得。2016年1月の就任からわずか2年弱でチャンピオンズリーグ(CL)優勝2回、クラブW杯優勝2回、リーガエスパニョーラ優勝1回、UEFAスーパーカップ優勝2回、スペイン・スーパーカップ優勝1回を記録している。

 スペイン紙『マルカ』によれば、ジダン監督のタイトル獲得数はマドリーの歴代監督の中で2位タイとなった。ビセンテ・デル・ボスケ氏の7個を上回り、1970年代から80年代にかけてマドリーの監督を4回務めたルイス・モロウニー氏の記録に並んでいる。

 歴代最多記録を保持するのは、1960年から74年までマドリーを14年間率いたルイス・ムニョス氏。リーガ優勝9回、欧州制覇2回など、通算14個のタイトルを獲得している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)