ここから本文です

シンク下の収納、上手に区切って家事を効率化

2017/12/18(月) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 フライパンや鍋の蓋、調味料など、キッチンのシンク下は形の違うものが勢ぞろい。収納もひと苦労で、目当てのものを探すだけで時間を浪費することもある。効率のいい収納術を探った。
 シンク下の収納には2種類ある。引き出し式の「スライドタイプ」と、観音開き式の「扉タイプ」。まずはスライドタイプの収納術を求めて、パナソニックのショールームを訪ねた。
 「一番大事なのはスペースを区切ること」。パナソニックエコソリューションズ社の加藤花代さんは指摘する。扉タイプと違って、スライドタイプは上から一目で調理器具が見える。「種類別に分ければ何がどこにあるのか、まとまりとして把握しやすい」
 つっぱり棒やブックエンドを使えば、自由に区切ることができる。しゃもじやゴムヘラは小さく仕切ったスペースへ。鍋やボウルなど、場所を取るものは広くあいたところへ置けば、蓋をしたまま収納できる。
 フライパンの上は別の調理器具の置き場所となることがしばしば。どんどん上に重なってしまい、いざ使う際、取り出すのが面倒になる。加藤さんは「縦に収納するのがおすすめ」と教えてくれた。
 ブックエンドで仕切りを作り、そこへフライパンを縦に置く。場所も取らず簡単で、取っ手を手前に向ければ取り出すのも便利だ。普段からよく使うフライパンを縦に収納し、使用頻度の低いものは別の場所に置くのもいい。
 調味料も、区切ったスペースへまとめれば、引き出しを開ける際に倒れる心配がない。「調味料や小麦粉は消費期限ごとにまとめると便利」と加藤さん。いま使っているものとストック用とを混同せずにすむからだ。

■調理器具は使用頻度順に

 では、扉タイプはどうか。整理収納コンサルタントの本多さおりさんは「まずは調理器具の使用頻度を見つめ直してほしい」と助言する。
 「扉タイプはワンルームに多い。引っ越しをしてから整理せず、ものを詰めるだけのスペースと化している」と本多さん。コンサルタントとして収納作業を代行する際、一番多い依頼がキッチンのシンク下という。
 普段の生活を振り返り、調理器具を「毎日使うもの」「よく使うもの」「ほとんど使わないもの」に大別する。扉タイプは奥のものが取りづらく、取り出しやすいスペースが限られる。「選別作業を徹底し、使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に置くのが鉄則」(本多さん)
 調理器具を整理できたら、いよいよ収納術の出番。活用したいのが扉の部分だ。内側にタオル掛けを付ければフライパンや鍋の蓋置きになる。フックを付けてまな板置きにしてもいい。扉を引けば手元に来るので、一番取り出しやすい位置になる。フックは100円ショップなどで様々なタイプが手に入る。
 スライドタイプと違って高さがあるので、ラックをそのまま入れることもできる。フライパンをそれぞれの高さに応じたラックへ収納すれば便利。専用ケースになるため、取り出す際に場所を迷うことがなくなる。
 引き出しタイプの収納ケースを入れるのもいい。本多さんは「引き出しがあればしゃがまずにすみ、負担を軽くできる」と話す。使用頻度の高いものは引き出しの上、低いものは下に収納する。ケースが半透明なら外から何が入っているのかも見えやすい。

1/2ページ

最終更新:2017/12/18(月) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。