ここから本文です

ミランの目玉選手、在籍わずか半年で移籍!? 伊代表DFボヌッチにシティやバルサ興味

2017/12/21(木) 15:20配信

Football ZONE web

今夏、移籍金56億円でユベントスからミランへ移籍したボヌッチに移籍の可能性浮上

 ACミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、今夏にミランが行った2億ユーロ(約270億円)超の大補強の中でも目玉級の獲得選手だったが、わずか半年でミランを去る可能性が浮上している。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

【動画】決死のスライディングクリアのはずが、ボールは股下をスルリ… ボヌッチが犯した「度肝を抜く大失敗」の瞬間

 ボヌッチはほぼ1年前に前所属のユベントスと2021年までの契約延長に合意していたが、今夏の移籍市場においてミラン移籍で合意した。ミランは移籍金4200万ユーロ(約56億7000万円)に加え、基本年俸750万ユーロ(約10億円)プラス出来高という高額投資でボヌッチを2022年までの契約で獲得している。

 しかし、ミランは今季開幕から不安定な試合運びが続き、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が解任されてジェンナーロ・ガットゥーゾ監督へとスイッチされた。モンテッラ監督が3バックを導入した背景にはボヌッチの獲得があったともされ、その評価や立場も厳しいものになっている。

 また、イタリア代表が来年6月のロシア・ワールドカップへの出場権を逃したことも、ボヌッチのモチベーションに深刻なダメージを与えている模様だ。

2年連続でボヌッチ獲得に執念を燃やすのは…

 そうしたなかで、冬の移籍市場でセンターバックを探しているとジョゼップ・グアルディオラ監督が明言しているマンチェスター・シティが、ミラン加入から半年のボヌッチ獲得に乗り出しているという。

 グアルディオラ監督はユベントス所属時から2年連続でボヌッチ獲得に執念を燃やし、1年半前の移籍市場ではユベントスの幹部が「ボヌッチは売らない」と声明を発するほどにオファーを繰り返していた。

 また、記事ではバルセロナも獲得への興味を示しているともされ、冬の移籍市場での注目銘柄と化しているという。

 ユベントス在籍時には同じイタリア代表のDFアンドレア・バルザーリ、DFジョルジョ・キエッリーニとの3バックで「イタリア版BBC」と称された3バックの中心であり、守備能力に加えてビルドアップ能力も高い。ボヌッチはわずか半年でミランを去ることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2017/12/21(木) 16:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新