ここから本文です

稲田朋美・前防衛相が泣き出しちゃった「百人斬り講演会」“実況中継”

2017/12/21(木) 6:30配信

デイリー新潮

 12月13日、中国では習近平国家主席も出席して「南京事件」の国家哀悼日の式典 が行われたが、国内では「南京攻略80年記念大講演会」(主催・南京戦の真実を追究する会) が文京シビック小ホール(東京・文京区)で開催された。

 公演のトップバッターは、17年7月に防衛大臣辞任 してから鳴りを潜めていた稲田朋美代議士(58)。演題は「百人斬り訴訟への思い 」であった。

 地元・福井の誇る黒タイツに伊達眼鏡、ひざ上丈のミニスカート、まっ赤なジャケットで壇上にのぼった稲田センセイである。

「皆さん こんばんは。本日は『南京攻略80年記念大講演会』に、このようにたくさんの方にお集まりいただき、また私も急遽、お招きをいただいたことに深く感謝申し上げます」

 あれ、急遽だったの? プログラムにはプロフィールも演題も組みこまれているのに――。だがそのワケは、この後、判明する。

「『この会に来て、弁護士時代の“百人斬り裁判”の話をしてもらいたい』とお誘いを受けましたのは、私が防衛大臣を辞任いたしました直後のことでございました。しかしながら皆さんご承知の通り、私、防衛大臣になりましてから1年で辞任をいたしたわけでございますが、その1年間は、私の12年の政治生活の中で、というよりも、私の人生の中で最も困難な、最も試練の1年でもありました」

 どんな困難を試練と自覚していたのかと思えば、その説明はなし。

2キロ太った

「そういったこともありまして、実は辞任直後は、かなり心身ともに参っておりました。立ちすくんで、前進も後退もできない、どうしていいのか分からないという状況で、少なくとも年末まで、今年中は多くの皆さんの前で何かお話ししたりするような状況ではない。静かに自分自身を見つめ直して、また来年から前進しようという気持ちだったものですから、『この講演会に参加することはお控えする』と主催の方にご理解頂いたんです」

 実に殊勝な前防衛大臣であったのだが――。

「ところが急に衆院選に突入致しました。『前にも後ろにも行けない』なんて言っていたら、選挙、戦えませんから……」

 選挙に突入することになった一因は、あなたにもあるのだが――。

「大変厳しい選挙でありましたし、当初は中央からたくさんのマスコミが駆けつけて、たぶん私が負けると思ったんでしょうね。あんな状況でしたから。後援会の皆さんも『なんで稲田さんなんか応援するだ』と言われ、意気消沈する中の選挙戦でした。でも何とか、私の思いが地元の皆様方にも通じて、前回よりも票を増し、相手方が比例で復活することもなく、当選することができました」

 圧勝であったことをアピール。さらに――。

「皆様ご承知のように、ちょっと私、ふっくらいたしましたでしょ。2キロ太っております」

 禊ぎも済んで体調も万全のようである。ところで演題は? 

1/3ページ

最終更新:2017/12/25(月) 12:51
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。