ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

本田圭佑、パチューカ初タイトルならず…強豪モンテレイに敗れメキシコ杯準優勝

2017/12/22(金) 13:54配信

フットボールチャンネル

【モンテレイ 1-0 パチューカ コパ・メヒコ 決勝】

 現地時間21日にコパ・メヒコ決勝の試合が行われ、パチューカはモンテレイと対戦。

【動画】本田圭佑、実は試合に出ていた?仰天の真実が明かされる

 モンテレイはクラブW杯に3年連続で出場したことがあるメキシコの強豪クラブだ。リーグ優勝やカップ戦制覇を何度も経験し、数多くのタイトルを獲得している。対するパチューカは今年のクラブW杯に出場し世界3位に輝いた。コパ・メヒコ初優勝を目指し、強豪モンテレイとの一戦に臨む。

 パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑は先発出場を果たした。序盤からモンテレイにチャンスを作られ、おされる時間帯が続く。それでも26分、パチューカは本田圭佑のコーナーキックから決定的なチャンスを迎える。しかし、ゴール真正面にいたドフリーのジャラがシュートミスし先制点とはならなかった。

 すると57分、縦パスに抜け出したアビレスにゴールを決められモンテレイに先制点を決められてしまう。その後は本田が攻撃の起点となってモンテレイのゴールに迫ったが得点奪えず。結局、試合は0-1の結果に終わりパチューカは準優勝。残念ながら本田にとってのパチューカ初タイトル獲得とはならなかった。

【得点者】
57分 1-0 アビレス(モンテレイ)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)