ここから本文です

ゲーム機 「スイッチ」本格普及期へ

2017/12/23(土) 7:02配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月30日・2018年1月6日合併号> 2017年のゲーム業界最大のトピックは、任天堂の新型据え置きゲーム機「ニンテンドースイッチ」のヒットだ。

スイッチのコンセプトは「持ち運べる据え置き機」。テレビにつないで据え置き機として遊ぶことも、本体に搭載された液晶ディスプレーにゲーム画面を映し出すことで携帯機として遊ぶこともできる。

3月の発売以来、販売は絶好調だ。発売約9カ月となる12月10日には世界累計販売台数が1000万台を突破。これは世界で1億台以上売れた「Wii」に次ぐペース。18年3月末には1674万台となる見込みで、12年発売の「Wii U」の累計をたった1年で上回ることになる。 本文:1,282文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

渡辺 拓未 :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:38
週刊東洋経済