ここから本文です

ロッテ・岡田幸文 再起を懸けるプロ10年目/新年の誓い

2017/12/30(土) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 この悔しさを忘れることはない。岡田幸文にとってのプロ9年目は屈辱的なものだった。2017年11月には野球協約の減額制限(1億円以下は25パーセント)ギリギリのダウン提示で契約を更改し、「振り返る数字もない。自分の力のなさですね」と悔しさをにじませた。

 3月31日のソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクドーム)でスタメン出場も無安打。ここからトンネルは長かった。徐々に出番は減り、代打となった。焦り、ゴロを打ってはアウトになる打席を繰り返した。7月10日に出場選手登録を外れると、その後一軍の舞台に戻ってくることはなかった。31試合に出場して40打席無安打。野手のシーズン最長無安打という不名誉な記録をつくってしまった。

 シーズン中に取得した国内FA権も「この成績で出るのは納得がいかない部分がある」と行使せずに残留を決断。育成選手からはい上がってきた愛着のある球団で、再起を図ることを決めた。

 節目のプロ10年目。「大暴れしますよ、もちろん」と語気を強めるように、懸ける思いは誰よりも強い。外野守備と走塁技術はまだまだ超一流。打撃を向上させれば、レギュラーの座も近づいてくる。

 秋季キャンプから金森栄治新打撃コーチのもとで、ボールを引きつけてコンパクトに振り抜く打法の習得に必死だ。そしてプライドを持つ守備での大きな目標がある。「もう一度、ゴールデン・グラブ賞を獲りたい。自信はあります」。2018年、岡田にとって新たな1年が始まった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:2017/12/30(土) 12:01
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)