ここから本文です

「爽やかな息」にするには?歯科医オススメの口臭対策14

2017/12/30(土) 8:00配信

コスモポリタン

キスをするのが恥ずかしくない、“爽やかな息“でいたいというのは誰もが願うこと。実は、簡単にできる口臭予防対策がいろいろあるのだそう。コスモポリタン アメリカ版が、ニューヨーク在住の歯科医、デボラ・グラスマン氏と、ジェニファー・ジャブロー氏から教わった14の「口臭対策」を伝授!

1. 炭水化物、脂質とタンパク質のバランスをとる

まずは炭水化物、脂質とタンパク質のバランスがとれた食事を心がけましょう。極端に炭水化物を減らしてしまうと、体内でケトン体が作り出され、カラダが処理しきれなかったケトン体は発酵し、臭いが食道を逆流して舌に粘着するのだそう。そのため、息の匂いを意識するなら、ブロッコリー、ニンジン、さつまいものような健康的な炭水化物やフルーツを食生活に取り入れて、バランスのとれた食生活を送るのが大事とのこと。

2. 野菜を豊富に

アルカリ性の野菜をたくさん食べると、体内のpHバランスを調整できて口臭予防効果があるのだとか。酸性に偏った食事(肉、魚、卵、穀類など)は口臭を招いてしまうよう。

3. 歯ごたえのあるフルーツや野菜を食べる

間食がしたくなったら、リンゴのような歯ごたえのあるヘルシーなフルーツや野菜がオススメ。リンゴ、セロリ、ニンジンなどのシャキシャキ系の野菜やフルーツは、噛むときに歯の間に溜まった食べカスを取り除き、そこに潜んでいた細菌も併せて除去する効果があるのだそう。この天然歯ブラシ効果で、歯の表面にできるイヤ~なザラザラ感も防げてしまうのだとか。

4. 1日1.4リットルの水を飲む

十分な水分補給は、口腔内を潤して細菌の繁殖を防ぐほか、カラダが正常に機能する上でも大事なこと。ただし、保存料としてクエン酸が入っている市販の炭酸飲料やアイスティーは、逆に口臭の原因になったり、歯のエナメル質を傷つけてしまうこともあるそう。特に炭酸は強い酸性なので、エナメル質が溶けてしまう恐れも。清涼飲料水の摂取量は控えめにして、代わりに純粋な水を飲むのが賢明のよう。

5. 緑の野菜ジュース を飲む

緑の野菜ジュースは低酸性の飲料であるのに対して、コーヒーは強い酸性なのだそう。コーヒーが飲みたくなったらぐっと我慢して、代わりに緑の野菜ジュース(酸っぱくないもの)を飲んでみて。さらに、野菜効果で体内のアルカリ性を補強できるので一石二鳥かも!?

1/3ページ

最終更新:2017/12/30(土) 8:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

コスモポリタンの前後の記事