ここから本文です

日本人欧州組19人の「前半戦の平均採点」を紹介!吉田、乾、酒井宏を上回る驚異の7点台を叩き出したのは?

2017/12/30(土) 17:13配信

SOCCER DIGEST Web

吉田はチーム3位のハイアベレージ。

 中断期間のないプレミアリーグや年内にもう1試合(第19節)を残しているセリエAを除き、ヨーロッパの主要リーグの多くがウインターブレークに突入した。
 
 そこで、欧州主要リーグでプレーする日本人選手19人の前半戦の平均採点(リーグ戦のみ)を、ウェブサイト『WhoScored.com』のレーティングを基にまとめて紹介する(プレミアリーグは第20節、セリエAは第18節終了時点)。
 
 なお、評価は10点満点で、新聞や放送メディアなどの点数より全体的に高めとなっており、6.5点が及第点といったところだ。
 
 ほぼ不動のレギュラーとして安定したパフォーマンスを披露したのが、サウサンプトンの吉田麻也だ。15試合に先発し、チーム3位の6.97点というハイアベレージを残した。チーム最高点(7.10点)だった相棒フィルジル・ファン・ダイクのリバプール移籍が決定したため、シーズン後半は、DFラインの要としてこれまで以上に重責を担うことになる。
 
 監督交代を機に定位置を失うなど、岡崎慎司にとって、ここまでは消化不良のシーズンとなっている。それでも、わずか822分間の出場でレスターでの自己最多となる6ゴールと奮闘し、平均採点は6.63点と悪くない。
 
 リーガ・エスパニョーラでは、ふたりのMFが小さくないプレゼンスを発揮した。
 
 エイバルで3年目を迎えた乾貴士は、チームで3番目となる16試合にスタメン出場。崩しの切り札として3得点・1アシストをマークし、6.78という上々の評価。第17節のジローナ戦で2ゴールを決めるなど、ここ2試合で3点と絶好調だっただけに、ウインターブレークで中断してしまったのが残念ではあるが、後半戦も大いに期待できる。
 
 一方、ヘタフェの柴崎岳は第4節のバルセロナ戦で衝撃的なボレー弾を叩き込み強烈なインパクトを残したものの、その試合で左足の甲を故障し、約3か月の離脱を余儀なくされた。
 
 復帰した第15節以降は先発を外れていることもあり、採点は6.46点に留まっている。とはいえ、抜群のキープ力と創造性あるプレーでチームメイトからの信頼は掴んでおり、レギュラー復帰もそう遠くはないだろう。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

1/3ページ

最終更新:2017/12/30(土) 23:06
SOCCER DIGEST Web