ここから本文です

ミスチル22年ぶりホールツアー決断の裏にB'z稲葉の助言が

1/5(金) 11:00配信

SmartFLASH

 1月18日から放送される連ドラ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の主題歌を担当するMr.Children。オリコンが昨年末に発表した『音楽ファン2万人が選ぶ “好きなアーティストランキング” 2017』でも総合首位を獲得するなど、人気に衰えは感じられない。

 そんなミスチルの桜井和寿が、2017年12月10日放送のラジオ『大谷ノブ彦のキスころ』(CBCラジオ)にゲスト出演。ミスチルとして2016年に22年ぶりにホールツアーを決断した裏に、B'zの稲葉浩志のアドバイスがあったことを明かした。

「『ミュージックステーション』でB’zの稲葉浩志さんとたまたま話す機会があって。『B’zさんってドームツアーと、ホールツアーを交互にやってるんですね』と話したら、『そうですよ。ミスチルも多分やったら喜ばれると思いますよ。ぜひやった方がいいと思います』と稲葉さんに勧められた」

 桜井曰く「急に売れちゃった」ために万単位の観客を動員できるアリーナ、ドームクラスのコンサートを長年続けてきた。だが、観客により近い距離で音楽を奏でられる数千人規模のコンサートを設けることに。

 2017年のNHKホール公演では、MCで「25周年を前にして何かやり残したことがないかと考えたときに、ホールツアーやってないよねってなって。ホールツアーやらないと大人になれないと思った」と語っている。

 大会場は大量動員できるが、最後列のファンからは豆粒大でしかアーティストを見られない。小会場は狭いぶん、より一体感があるが、動員は少ない。そんな葛藤のなかで、桜井はホールクラスのコンサートで何かをつかんだようだ。

 2017年のコンサートでは、数年間あまり歌われなかった1994年発売のミリオンヒット曲『everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-』がいくつかの会場で披露され、話題を呼んだ。

 この曲について桜井は『大谷ノブ彦のキスころ』で「全然いい曲じゃない。何がいいのか、全然わからない」との心情を吐露している。現代社会への痛切な批判を込めた、ミスチルとしてもエポックメイキングな楽曲だが、本人はあまり気に入っていないと明かされ、驚いたファンも多かった。

 日本を代表するバンドとして、25周年を迎えたミスチル。2018年の活躍も楽しみだ。

最終更新:1/5(金) 11:00
SmartFLASH