ここから本文です

食生活|病気と食事の因果関係 押さえておきたい栄養・食生活の基礎知識

2018/1/6(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

[図表1] イラスト:三澤祐子

<2018年1月13日号> 健康寿命を延ばすには、何より病気にならないことが一番。では病気と食事とにはどんな因果関係があるのか。本稿ではその基礎知識をおさらいし、継続しやすい食習慣を紹介する。

厚生労働省の調査によれば、多くの世代で、病気の死因の1位は悪性新生物(がん)。それに心臓病や脳卒中が続く。がんには種類が複数あり、予防が可能ながんと、そうでないがんとがある。上図のような菌・ウイルス感染によるがんにはワクチン接種で予防できるものもある。それ以外は検診による早期発見が頼りだ。 本文:3,275文字 写真:6枚 [図表2] [図表3] [図表4] [図表5] ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

許斐 健太 :東洋経済 記者

最終更新:2018/1/29(月) 15:42
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ