ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

C大阪が田中亜土夢獲得、神戸はチョン・ウヨン復帰。犬飼智也が鹿島、江坂&亀川が柏へ

1/6(土) 18:45配信

フットボールチャンネル

 明治安田生命Jリーグの各クラブは、2018シーズンの開幕に向けて着々と新チームづくりへ動き出している。6日にも多くの選手の移籍が発表された。

2018年シーズンJ1リーグ新加入・移籍選手一覧

 天皇杯を制して昨季のカップ2冠を達成したセレッソ大阪は、フィンランドでプレーしていた元アルビレックス新潟のMF田中亜土夢を完全移籍で獲得。また、韓国代表歴もあるFWヤン・ドンヒョンを浦項スティーラーズから獲得した。

 ヴィッセル神戸は、先月のE-1サッカー選手権で日本代表からゴールを奪った韓国代表MFチョン・ウヨンを中国の重慶力帆から獲得。2014年と15年にも神戸でプレーしており、3シーズンぶりの復帰となる。

 J1王座奪回を目指す鹿島アントラーズは、清水エスパルスから24歳のDF犬飼智也を獲得。一方、ブラジル人DFブエノはJ2の徳島ヴォルティスへの期限付き移籍が決まった。

 柏レイソルは大宮アルディージャからFW江坂任、アビスパ福岡からDF亀川諒史を獲得。浦和レッズからベガルタ仙台へ期限付き移籍していたFW石原直樹は仙台へ完全移籍することになった。

 1月6日に決定した主な移籍は以下のとおり。

田中亜土夢(HJK→C大阪)
チョン・ウヨン(重慶力帆→神戸)
犬飼智也(清水→鹿島)
江坂任(大宮→柏)
石原直樹(浦和→仙台[完全移籍])
亀川諒史(福岡→柏)
中村北斗(福岡→長崎)
ブエノ(鹿島→徳島[期限付き移籍])
永井龍(名古屋→松本)
ヤン・ドンヒョン(浦項→C大阪)
中原彰吾(札幌→長崎[期限付き移籍])
阪本将基(C大阪→鹿児島)
福村貴幸(清水→岐阜[完全移籍])
伊藤涼太郎(浦和→水戸[育成型期限付き移籍])
大屋翼(大宮→徳島)
ソン・ヨンミン(長崎→讃岐)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)