ここから本文です

【全文公開】相撲協会の“女帝”池坊保子と直接対決150分 「貴乃花はクスリをやってるみたいに異様」と吹聴

1/10(水) 5:00配信 有料

文春オンライン

【全文公開】相撲協会の“女帝”池坊保子と直接対決150分 「貴乃花はクスリをやってるみたいに異様」と吹聴

華麗なる一族の池坊保子氏

 公益財団法人日本相撲協会において理事の選任・解任や定款の変更など強い権限を有するのが評議員会だ。そのトップは池坊保子議長。会見で貴乃花親方を厳しく批判した彼女だが、果たして理事の生殺与奪を決めるのにふさわしい人物なのか。小誌が取材を進めると――。

◆ ◆ ◆

「私は全然、協会側でもなんでもないけどねえ。いつも公正公平と思っておりましたから」

 ゆったりとした独特の間で、こう語るのは日本相撲協会の池坊保子評議員会議長。その言動ゆえ、協会からテレビ出演自粛要請があるとも言われているが、

「まさか。池坊保子は池坊保子です。どのような圧力があろうとそれに屈するはずはありません。私は75歳になるんだから」

 記者が改めてインタビュー依頼をすると京都に滞在中だという。記者は京都へと向かった――。 本文:5,076文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:1/10(水) 5:00
記事提供期間:2018/1/10(水)~5/11(金)
文春オンライン