ここから本文です

与田祐希が「次世代エース」と呼ばれるワケ

1/11(木) 16:00配信

東洋経済オンライン

2017年にリリースしたCDシングル3枚がいずれもミリオンを突破するなど、人気沸騰中のアイドルグループ、乃木坂46。なかでも注目を集めるのが、加入して1年数カ月にしてセンター抜擢、ファースト写真集発売、ドラマ出演と活躍を見せる3期生、与田祐希だ。
小さな島で生まれ育ち、その後、瞬く間に全国区の人気アイドルになった与田は、現在のジャパニーズドリームの体現者といえるかもしれない。今、何を思っているのか。その胸のうちを聞いた。

この記事の写真を見る

■金印で有名な志賀島出身

2017年9月半ば、シンガポールで乃木坂46の3期生、与田祐希のファースト写真集『日向の温度』の撮影が行われた。その最終日、与田と撮影スタッフは、現地のレストランに入った。打ち上げのような和気あいあいとした雰囲気のなかで、与田自身もリラックスした表情を浮かべていた。しかし食事が終わり、一段落したところで与田の笑顔が崩れた。とめどなくあふれ出す涙を、抑えきれなかった――。

 2017年にリリースしたCDシングル3枚(『インフルエンサー』『逃げ水』『いつかできるから今日できる』)の売り上げが、いずれもミリオンを突破した乃木坂46。11月に行われた初の東京ドーム公演では2日分10万枚のチケットが即日完売し、「インフルエンサー」で日本レコード大賞を初受賞するなど、いま最も勢いのあるアイドルグループといっていいだろう。

 そのなかで「次世代のエース」と期待を集めているのが、17歳の与田祐希だ。2016年9月、乃木坂46の3期生オーディションに合格してメンバーに加わった与田は、「逃げ水」で同じく3期生の大園桃子とセンターを務め、12月26日に発売された写真集『日向の温度』では初版で10万部を発行。1月スタートの連続ドラマ「モブサイコ100」(テレビ東京系)に初出演することも発表された。

 与田は福岡県の志賀島で16歳までを過ごした。1784年に「漢委奴国王」と記された金印が発見されたことで教科書に載っている島である。人口1700人ほどの青い海と豊かな緑に恵まれた島で伸び伸びと暮らしていた少女が、なぜ乃木坂46を目指したのか。オーディションに合格した後、怒涛の変化のなかで何を感じていたのだろうか。

1/3ページ