ここから本文です

髪をほめられると人生が変わる!若々しく知的に見られるためのメソッド

1/12(金) 20:10配信

ESSE-online

人にこぎれいな印象を与えたい…そう思っているあなたが35歳を過ぎていたら、メイクよりも服よりも、まず気をつかうべきは髪。「髪には人を大きく変える力がある!」と、髪のプロであるヘアライター&エディターの佐藤友美さんははっきりと断言します。日本初、かつ唯一のヘア専門ライターである佐藤さん。雑誌やカタログのヘアチェンジ企画で取材したスタイル数は4万を超え、「美容師以上に髪の見せ方を知っている」と一目置かれる存在です。佐藤さんいわく、女性はほんの少し髪を変えるだけで、見た目のみならず中身まで激変します。

ヘアスタイルは“ほめられたい言葉”で決めるべし

「髪を切ったり染めたりしなくても、少し分け目を変える、1本の髪を気にしてみる、といったことで驚くほど印象が変わるのをたくさん見てきました。メイクや服と違い、体のパーツである髪をほめられるのは、自分自身を認められるのと同じこと。自信につながることで毎日を前向きに過ごせるようになり、運命も変わってくる。髪で人生まで変えられるんです」。髪を味方につけ、人生を輝かせるためのメソッドを伺いました。

●「自分らしさ」は一度手放して

年をとると、髪が細くボリュームも落ち、頭頂部がペタンコになりがち。10代、20代のファッションが30代以降も似合わないのと同様、若い頃のヘアスタイルのまま年齢を重ねると、思っている以上に違和感が出てしまいます。「自分にはこれが似合っている」という思い込みは危険。見慣れた自分らしさに固執せず、手放す勇気も必要です。

●たったひとつの似合う髪型を探してはいけない

じつは、「あなたにはこれが似合う」と言いきれる髪型はこの世には存在しません。なぜなら、1人に似合う形はヘアスタイルごとに何通りもあるから。「ショートは似合わない」「もっと似合う髪型があるはず」と思い込み、ずっと自分の髪型に満足できないのはもったいない! 美容院でオーダーすべきは、似合う髪型よりも、やってみたい髪型。その方がずっと満足度の高い仕上がりになるはずです。

●3kgやせて見える“命毛”を手に入れよ

頬骨にかかる顔回りの毛のことを美容業界では、通称“命毛”と呼びます。顔を細く見せるのに絶大な効果のある、まさに命の毛だからです。顔のなかでいちばん幅がある頬骨の高い所から耳までが隠れ影ができるので、これだけで顔はシェイプアップ。3kgはやせて見えるから、ダイエット中の方はぜひ。

1/2ページ

最終更新:1/12(金) 20:10
ESSE-online