ここから本文です

食べて脂肪を燃やす 自律神経のスイッチ切り替え食品

1/12(金) 6:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 食品に含まれる成分が、自律神経のスイッチを切り替えることがわかってきました。脂肪を燃やしたい人、リラックスしてぐっすり眠りたい人は何をとればいいかを紹介します。

【関連画像】交感神経の興奮を鎮め、副交感神経の働きを高める食品もある

 食品には、自律神経に作用して体温を上げて脂肪を燃焼したり、リラックス効果をもたらすものもある。

 例えば、唐辛子やショウガの熱産生・脂肪燃焼作用がこれ。唐辛子やショウガをとると体が熱くなるが、「これは、辛み成分のカプサイシンやジンゲロールが消化管の温熱受容体に作用し、交感神経を介して褐色脂肪細胞での熱産生を促すから」と京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授は説明する。

 辛み成分やその類似成分が温熱受容体に作用すると、その刺激を感知した脳は、脂肪細胞に向かう交感神経に指令を出し、白色脂肪細胞では脂肪の分解を、褐色脂肪細胞では脂肪を燃やして熱産生を促進する(下図)。

 体内の脂肪細胞には、余った脂肪を蓄積する白色脂肪細胞と、脂肪を燃やして熱を作る褐色脂肪細胞の2種類がある。「カプサイシンなどの辛み成分が、胃腸にある『温熱受容体』に作用すると、脳を経て脂肪細胞の交感神経活動が高まり、白色脂肪では脂肪の分解が、褐色脂肪では脂肪の燃焼が促進される」と河田教授。また、白色脂肪細胞を、褐色脂肪細胞のように脂肪を燃やす「ベージュ細胞」に変化させる働きがあることもわかってきた。

 食品と自律神経の関係に詳しい自治医科大学医学部生理学講座講師の岩𥔎有作さんは、「こういった食品成分による交感神経への作用は、短時間で非常にわずか。辛いものを多少多めに食べたからといって、自律神経のバランスを乱すほどの影響はない」と説明する。

 次のページでは、脂肪を燃やす交感神経のスイッチを入れる「辛み成分」や「カフェイン」がとれるドリンク、交感神経の興奮を鎮め、全身をリラックスさせてくれるハーブのドリンクを紹介しよう。

唐辛子ジンジャードリンク

作り置きの「ホット・ジンジャーシロップ」大さじ1~2を、150mlほどのお湯や炭酸水で割って飲もう。

●ホット・ジンジャーシロップ

<材料>
ショウガ…200g
てんさい糖(三温糖、上白糖でも可)…140g
ローリエ…1枚
鷹の爪(種を取っておく)…1本
レモン汁…1個分
レモンの皮(国産のもの)…適量

<作り方>
1.ショウガは皮ごとすりおろし、てんさい糖、鷹の爪、ローリエと混ぜ合わせて水分が出るまで30分以上置く。

2.鍋に1と水300mlを加えて中火にかけ、沸騰したら弱火にして鷹の爪を取り除き、20分ほど煮る。火を止める寸前に、レモン汁とレモンの皮を加えて再び沸騰したら火を止める。

3.2をザルで漉し、冷めたら清潔な保存容器へ。冷蔵庫で1週間ほど持つ。ヨーグルトにかけてもいい。
※お好みで、カルダモン、スティックシナモン、粒コショウなどを加えても。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年02月号

価格:600円(税込)

お腹ぺたんこ! 代謝アップダイエット
40代からのキレイをつくる鉄則5
「ショウガ白湯」で温め解毒ダイエット
食べてやせるダイエット手帳2018版

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事