ここから本文です

大雪の嵐で機能停止。JFK空港「4日間の大惨事」の一部始終

1/13(土) 19:01配信

WIRED.jp

1月7日に第4ターミナルで水道管の破裂と浸水が起きる前から、ジョン・F・ケネディ国際空港はすでに戦場の様相を呈していた。空港は、過去数日で何が起きたのかがわからず目が点になった従業員や市民で溢れ、みんなこの状況に不満をもっていた。

「世界で最も忙しい空港」を支える管制センターの内幕

混乱の始まりは1月3日。東海岸の住民たちは、「爆弾低気圧」なるものが自分たちのほうへ向かって来ていることを知る。4日目に発生し空の旅の惨事を引き起こした浸水は、その最後に降って湧いた悪い冗談だった。

約15センチの積雪、激しい強風、3日間にわたるマイナス1桁台の気温を経て、JFK空港は4日間で旅行恐怖体験談に新たな基準を打ち立てた。旅行客はゴミ箱から拾ってきた段ボールの上に靴下で座り込み、ときに報道リポーターやTwitterのフォロワーに不満をぶちまけながら、フライトを数時間、数日と待つことになったのだ。

外ではさらに、この世の終末(アポカリプス)のような景色が広がっていた。ゲートに向かう航空機が多すぎて、駐機場は大混雑。乗客は着陸後7時間も機内に閉じ込められることになった。爆弾低気圧がニューヨークを襲ってから1日半後のことだ。

問題は、このとき何が起きていたのかだ。単に運が最悪だっただけなのか? それとも航空産業はちょっとの雪や風で世界を終わりを迎えてしまう、花並みにデリケートなものなのか?

閉鎖されるJFK空港、立ち往生する乗客とクルー

当初、状況はそれほど異例なものには見えなかった。

吹雪がニューヨークを襲い、1月4日の朝までにこの地域を出入りするフライトの3分の2がキャンセルされた。その日の正午近くになると、JFKはすべてのフライトを飛行禁止にした。

とはいえ降雪は米国北東部の冬ではよくあることで、フライトのキャンセルは災害以上に厄介だ。このため航空会社や空港は、一両日中にすべての業務を通常通りへ戻すための手順を決めている。

その後、嵐は予想以上のものであることが判明する。JFK空港を運営するニューヨーク・ニュージャージー港湾公社は空港の再開を繰り返し遅らせ、最終的には5日朝まで再開が延期された。

キャンセルされなかった数十のフライトは、ほかの空港へ送られた。ロンドンやウィーンを離陸した航空機は、太平洋上で引き返すことになった。スイス航空、フィンエアー、アシアナ航空は機体をシカゴへと向け、シンガポール航空のA380スーパージャンボはニューヨーク州北部の小さなスチュワート国際空港に着陸することになった。

これによって多くの機体や乗客、クルーが目的地から離れた場所に取り残され、目的の場所に戻る機会を待つことになった。

1/4ページ

最終更新:1/13(土) 19:01
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」