ここから本文です

がんの定義が変われば保障も変わる Interview|アフラック元医長・佐々木光信

1/13(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

アフラックの医長として日本のがん保険普及に大きな影響を与えてきた保険医学総合研究所の佐々木光信社長に聞いた。

──かつては対象外だった上皮内新生物も保障するがん保険が増えてきました。ところが上皮内は悪性新生物ではありませんね。

上皮内新生物と悪性新生物とではリスクが違います。端的に言えば、上皮内での死亡例は医療ミスか浸潤がんの登録ミスを除けば実質皆無でしょう。本当のがんは、患者の約半数は死亡します。 本文:1,371文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/13(土) 7:00
週刊東洋経済