ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

現状はパンフ配布止まり マツキヨと第一生命の温度差

1/13(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

現状はパンフ配布止まり マツキヨと第一生命の温度差

千葉県新松戸のマツキヨラボ。首都圏に7店展開中

<2018年1月20日号> 昨年11月、第一生命ホールディングスはドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスと提携した。保険会社と大手ドラッグストアの提携は初の試みである。

マツモトキヨシ傘下の16店舗(健康・美容に特化した新型店「マツキヨラボ」全7店と、調剤併設のドラッグストア「マツモトキヨシ」9店)にパンフレットを設置。興味を持った来店客から電話や郵送で問い合わせをもらい、契約につなげる仕組みだ。

マツモトキヨシの保険販売はマツモトキヨシ子会社のマツモトキヨシ保険サービスが担い、商品は第一生命傘下にあるネオファースト生命の保険商品を扱う。 本文:1,041文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

若泉 もえな :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:43
週刊東洋経済