ここから本文です

脱炭素化に目をつぶる 身勝手な日本の論理

1/13(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

<2018年1月20日号> 米トランプ政権の発足からほぼ1年になる。「あのときヒラリーが勝っていてくれれば……」と思うことはこの間に幾度もあった。しかしトランプ大統領のおかげで、日本が得をしたこともある。その中には、環境・エネルギー政策も含まれている。

パリ協定からの離脱を宣言したときは、「あのトランプがまたしても……」と皆であきれたものだ。ところがその実態は、日本が救命ブイを得たに等しかった。気づいていた人はどれだけいることだろう。 本文:1,103文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/29(月) 15:43
週刊東洋経済

Yahoo!ニュース特設ページ