ここから本文です

乗り換え改札設置「下北沢駅」は不便になるか

1/13(土) 5:00配信

東洋経済オンライン

 今年3月の複々線化完成に向け、最後の工事が続いている小田急電鉄小田原線の世田谷代田―東北沢間。同月に行われるダイヤ改正で朝ラッシュ時の列車が大増発され、首都圏でもトップクラスの混雑が大幅に緩和されることが期待されているが、同区間にある世田谷代田・下北沢・東北沢の3駅も、これまでの「仮の姿」からいよいよ「本来の姿」へと形を変える。

この記事の写真を見る

 2013年3月の地下化以来、地上を走る京王井の頭線との乗り換えが不便になったと指摘されることの多い下北沢駅は、現在のホームの1層上にもう一つのホームが完成し、各駅停車と快速急行・急行などが別々の階から発着する形に。現在は計8基のエスカレーターも11基に増強されるという。

 乗り換えで長年同駅を利用してきたという女性は「ホームから地上までのエスカレーターが混んでるから階段を使うことが多くて、おかげですっかり足腰がきたえられちゃった」と苦笑いするが、春以降はその苦労も軽減されそうだ。

■「改札を出て」乗り換える形に

 だが、小田急線と井の頭線の乗り換えが今より便利になるかどうかは何とも言えない。2019年春に完成する予定の新しい駅舎では、これまで改札を通らず直接乗り換えが可能だった両線の間に、新たに改札が設けられるからだ。

 現在、下北沢駅には4つの出入口がある。小田急線の地上跡地をはさんで南北に「仮南口」と「仮北口」、京王井の頭線ホームの吉祥寺寄りにある「西口」、そして2017年10月末に新設された「南西口」だ。現時点では、両線の利用者はどこからでも出入りできる。

 しかし、2018年度中に予定されている新駅舎の完成後は、現在は改札内でつながっている小田急と井の頭線の駅が分離される予定だ。新たに両線の「中央口」改札が通路をはさんで向き合う形で設置され、一旦改札を出て乗り換える形となる。

 新しい駅の構内図は、下北沢駅付近の地下化に関する情報を発信する小田急の情報誌「シモチカナビⅡ」の2017年7月号(vol.18)に掲載されており、情報が公開されていないわけではない。だが、新駅舎の完成後は乗り換えに改札通過が必要になることを大きく告知しているわけではないため、同駅の乗り換え利用者でも知らない人が多いようだ。

 地下化される前から十数年間、通勤で利用してきたという女性客は「ただでさえ地下になって乗り換えに時間がかかるようになったのに、改札ができたらさらに面倒になる」。別の男性は「ラッシュ時は相当混雑しそう」と予想する。一方で、「今はPASMO(ICカード)だから改札があってもそれほど面倒じゃない。通路がごちゃごちゃせずわかりやすくなるなら別にかまわない」という利用者もいた。

1/3ページ