ここから本文です

山田直輝「自分が甘ちゃんだった」浦和の愛に溺れた4年前と今は違う。

1/13(土) 8:01配信

Number Web

 「あの時は自分が甘ちゃんだったな、と」

 山田直輝は、ちょっとした過去を思い返してそう呟いた。浦和レッズの下部組織で育ち、早くから頭角を現した存在は、昨季まで3シーズンにわたって湘南ベルマーレへ期限付き移籍の延長を繰り返し、今季から浦和に戻った。

 山田と浦和の関係は、少し特別なものがあると言える。彼は、さいたま市に合併する前の旧浦和市で育ち、小学校時代はFC浦和、中学と高校ではそれぞれ下部組織で日本一になった。

 特に、高校3年時に浦和ユースが優勝した2008年の高円宮杯全日本ユース選手権では、決勝で名古屋グランパスの同年代を相手に9-1という鮮烈なスコアで勝利を飾った。

 当時のメンバー表には、今や日本代表に定着した1歳下の原口元気のほか、岡本拓也、濱田水輝、永田拓也、高橋峻希、阪野豊史といった、浦和のトップチームでプレーした経験を持つ選手たちが並ぶ。

 その中心に君臨していたのが山田であり、翌年にはトップ昇格後に試合出場を重ね、日本代表にまで選出された。山田が浦和の中心選手になることは、約束された未来のように感じられていた。

「直輝が埼スタで活躍することを心から願っていました」

 クラブとの関係性は、山田も出席した埼玉スタジアムでの新加入選手発表会見で、山道守彦強化本部長が話した言葉からも垣間見える。

 「小さい時から知っているので、やっぱり直輝が埼スタで活躍することを心から願っていました。その逆算で、どうしたらそうなるかな、ということをずっと考えて、彼らと相談してやってきたつもりです。埼スタで活躍するのは本人次第なので、頑張って」

 人によってキャラクターはあるにせよ、クラブの強化責任者が壇上にいる選手を紹介する際に、「頑張って」というエールを送ること自体が、浦和にとって山田がどれほどの存在なのかを示していると言えるだろう。浦和の人たちや、サポーターたちにとっても、似た感情があるはずだ。

浦和在籍時には、どこか甘かったと言わざるをえない。

 それだけに、山田の起用法はその時々の監督に対する批判の種になってきた。トップ昇格時のフォルカー・フィンケ監督が積極的に若手を起用する方針だったことは、山田を筆頭に若いメンバーたちの背中を押した。

 しかしフィンケが去った後、負傷を別にしても、山田自身が常に試合出場に値する存在だったかは別の問題だ。

 例えば1つ、私は彼について「それで良いのだろうか」と思った経験があった。

 山田が前回浦和に在籍した最後のシーズンになった2014年は、ワールドカップイヤーだった。山田はシーズン前半戦で出場機会に恵まれなかったにもかかわらず、中断期間のキャンプに、主力選手と同じように体を休ませてから臨んできた。

 当時の状況からすれば、そのキャンプは後半戦に向けて必死のアピールが必要な場であり、抜きんでたプレーを見せるべきタイミングだった。

 特別待遇が許される立場でなかったことは、出場機会の少ないメンバーを中心で行われたキャンプ中の練習試合の際に明らかになる。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(当時)が「試合に出ている選手より良いプレーをしないのなら、メンバーは変わらないんだぞ」と、報道陣に聞こえるほどの怒声を発したのだ。

 そして指揮官の言葉は現実のものとなり、山田は1年間を通してピッチに立つことがほとんどないままシーズンを終えてしまった。

1/3ページ

最終更新:1/13(土) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

944号
1月18日発売

定価590円(税込)

ボクシング新時代 世界を殴れ。

村田諒太/井上尚弥/山中慎介 他
【プレイバック’80s】 ミドル級黄金伝説