ここから本文です

黒タイツの下に隠した太ももぜい肉 つまみもみで解消

1/13(土) 11:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 今回は、冬だからこそ油断してしまいがちな、太ももやひざ上を引き締めるストレッチをお伝えします。黒ストッキングを履いているからと安心していると春先に悲惨なことになっちゃいますよ。

【関連画像】ひざ上の肉は、筋力が衰えて下がってきた太ももの筋肉と、むくみが合体したもの

 太もものたるみは、外側の張り出しに現れやすい。「太ももの内側の筋肉をよく使っていないと、外側の筋肉が硬くなり、張り出してくる」と、多くの女性の体を整えてきた経絡整体師の朝井麗華さんは話す。

 そこで教わったのが「つまみもみ」メソッド。「硬い筋肉まわりを指でつまんでほぐすことで血流が良くなり、脂肪もやわらかくなる筋肉本来の弾力が復活し、たるみが引き締まる」(朝井さん)。太ももの筋肉は特に硬いので、「グー」に握った手の指の第二関節の骨で押し流すステップも加えるとよりほぐれやすくなる。

 また、つまみもみは、ひざ上のぽっこり肉にも有効。両手でがっちりつまんで揺らすだけ、と方法は簡単。むくみも取れ、美脚に近づく。

●太ももはここにアプローチ!

全身の筋肉の中で最大の筋肉群である大腿四頭筋。この筋肉がうまく使われていないことが太もものたるみの原因。しっかりほぐそう。

●ひざ上もここにアプローチ!

ひざ上の肉は、筋力が衰えて下がってきた太ももの筋肉と、むくみが合体したもの。つまんで揺らして引き離す。

太もも・ひざ上つまみもみ

カチカチに凝り固まった太もも・ひざ上の筋肉をつまんでもむだけ。脂肪がやわらかくなって引き締まり、むくみも取れる。

●太もも【流し・もみ・流し】

面積が広く、硬くなりやすい太ももの筋肉は根気よくほぐしていくことが大切。入浴中に行うのもお薦め。

(1)太ももの外側をこぶしで押し流す

「グー」にした手の第二関節の骨で太ももの外側をひざに向かって押し流す。往復はさせず、一方向に太もも全体を流す。5回ずつ。

(2)つまんでもみほぐす

両手で太ももの外側をはさみ、内側から引き上げるようにつまんでもむ。脚の付け根からひざ上まで4~5カ所に分けて行う。1カ所30秒。

(3)もう一度押し流す

再び(1)と同じように、「グー」にした手で太ももからひざ上まで押し流す。太もも全体をまんべんなく5回行う。反対側も同様に。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年03月号

価格:700円(税込)

たった5分! 骨盤筋トレゆがみとり
冷え取り 血流アップ食事術、夕食断食
心と脳に効く「ペン字写経」
毛穴目立ち・シワ・ほうれい線を消す!付録

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事