ここから本文です

オリックスの増井浩俊獲得のプラスアルファ効果/記録の裏側03

1/14(日) 11:02配信

週刊ベースボールONLINE

オリックス戦で見せていた安定感

 2017年の記録の裏側に迫る短期連載。第3回は増井浩俊だ。

 一段落したFA戦線の中で、一番ホッとしているのはオリックス・福良淳一監督かもしれない。

 絶対的守護神・平野佳寿が海外FAを行使した後、まだ平野残留の可能性も残っていた時期だが、日本ハムの抑え・増井浩俊を獲得することができたからだ。

 17年の増井は、52試合に登板し、6勝1敗、防御率2.39。10年の入団以来402試合に投げ、33勝28敗110S129H、防御率2.70。33歳とベテランではあるが、まだまだ衰えは感じられない。

 加えて相性もある。17年の増井はオリックス戦8試合に投げ、失点、自責点とも0、しかも8イニングに投げて15奪三振だから奪三振率は16.88となる。さらに詳しく見ていくと、許したヒットが吉田正尚の1本、四球がT-岡田への1とすさまじい安定感だ。

 オリックスの打者の苦手意識も当然あったはず。いろいろな意味でいい補強だったと思う。ただし増井は前年、対西武も防御率0.00、対楽天も1.50とカモにしたが、対ソフトバンクは防御率4.50、ロッテは3.97と打ち込まれている。オリックスがVを目指すなら、その守護神として君臨するための課題は、まだまだある。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINEの前後の記事