ここから本文です

西武・秋山翔吾 打倒タカのカギを握るリーディングヒッター/斬り込み隊長は俺だ

1/14(日) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 昨季はリーグトップのチーム打率.264、690得点と屈指の攻撃力を誇った西武打線。その要因として欠かせなかったのが、111試合でトップバッターとして打線の火付け役を担った秋山翔吾の存在だ。

 打率.322で自身初の首位打者に輝き、一番スタメン時では.314、チーム1位の出塁率.389と、高い確率でチャンスを作り出した。さらに、足にも定評がある。3年連続で15盗塁以上を記録しており、浅村栄斗、中村剛也、メヒア、栗山巧、山川穂高ら、強打自慢の後続打者たちの特長を存分に引き出した。

 4年ぶりに2位となり、チームも、そして秋山にとっても、今季は優勝が唯一無二の最大目標となる。悲願達成のためには、昨季94勝49敗、貯金45と、驚異的な強さを見せたソフトバンクを打倒することが必須だ。守護神・サファテを筆頭に鉄壁のリリーフ陣を誇る王者は、先制した試合は73勝6敗と、めっぽう強い。

 西武は対ソフトバンク戦では初回に16得点を挙げており(同失点8)、簡単には “先手必勝”を許してはいないが、それでも昨季対戦成績は9勝16敗。ここ数年、カード負け越しが続いているだけに、精神的な影響も含め、王者の必勝パターンを避けるためにも、やはり、いかに初回に得点できるかが攻略のカギを握る。

 となれば、必然的に初回の先頭打者の役割が極めて重要な意味を持つ。出塁のみにとどまらず、チームの勝利のために後続打者を意識する秋山の打席から、今季も目が離せない。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

プロの”逸品”を一挙公開!グラブ大鑑
[保存版]ALL TIME グラブ大特集
歴代名グラブコレクション