ここから本文です

溶岩の絶景! ドローンが溶けるほど接近して撮った火山の迫力が半端ない

1/14(日) 8:20配信

NIKKEI STYLE

 写真家のエレズ・マロム氏は覚悟を決めていた。ドローンを使って灼熱の溶岩の写真を撮る。太陽に向かって飛んだイカロスのように挑戦するのだ。

[ギャラリー]迫力の溶岩フォトをもっと見る

 2017年10月上旬、マロム氏はツアーガイドのエリック・ストーム氏とともに、米国ハワイ島のキラウエア火山に向かった(ストーム氏のカメラは、2カ月ほど前に溶岩流にのみ込まれたばかりだ)。イスラエルから来たマロム氏は、自らを「溶岩中毒」と称している。ここで空から溶岩を撮影するのをずっと心待ちにしていた。

 1時間ほど歩くと、斜面から噴き出した新たな溶岩が、国立公園の境界を越えて一気に広がっていた。公園内でドローンを飛ばすのは違法だが、公園の外側にいたマロム氏は、DJIのドローン「Phantom 4」を空に向けて放った。

 それから3時間、撮影を続けていたマロム氏は、何かが欠けていることに気付いた。画面の右側が奇妙に暗くなっているのだ。帰宅して確認すると、ドローンに搭載したカメラのプラスチック部分が溶けていた。溶岩の猛烈な熱によるものだ。

「火山に向けてドローンを飛ばせば、もう戻ってこないかもしれません。でも、それだけの価値がありました」と、マロム氏は語る。

 幸い、わずかに溶けただけでドローンは戻ってきた。「写真にはとても満足しています。ドローンを使ってもっと撮影しようという気になります。溶岩にもっと近付きますよ」

日経ナショナル ジオグラフィック社

最終更新:1/14(日) 8:20
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。