ここから本文です

岡崎慎司の積極守備にチェルシー苦戦。英紙は高評価「何度も地面に体を投げ出した」

1/14(日) 3:28配信

フットボールチャンネル

【チェルシー 0-0 レスター プレミアリーグ第23節】

 現地時間13日にプレミアリーグ第23節の試合が行われ、レスター・シティはチェルシーのホームに乗り込んで対戦。レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たしたが得点ならず。英紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対して高評価を与えている。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 前半はレスターのペースで進む。岡崎は中盤で顔を出して守備で貢献。38分には岡崎にシュートチャンスが訪れたが、チェルシーのアンドレアス・クリステンセンにブロックされて得点ならず。68分にベン・チルウェルが退場して以降はおされる展開となったがチェルシーにゴールは許さず。結局、0-0の引き分けに終わっている。

 同紙は退場処分を受けたチルウェルに対してチーム最低評価となる10段階中「5.0」の点数をつけた。アレクサンダル・ドラゴヴィッチには「6.0」。ハリー・マグワイアとウィルフレッド・エンディディにはチーム最高評価となる「8.0」の評価を与えている。

 岡崎を含むその他の選手には「7.0」の採点をつけた。岡崎に対する寸評では「利他的に後ろに下がり、何度も地面に体を投げ出していた」とコメントし、積極的な守備でボール奪取にチャレンジした点を評価した。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)