ここから本文です

「笑いと差別」「笑いとタブー」をどう考えるか 障害者芸人ホーキング青山はこう考える(2)

1/16(火) 6:01配信

デイリー新潮

エディ・マーフィーの物まねはタブーか

 ダウンタウンの浜ちゃんが大晦日の特番でエディ・マーフィーを模したメイクをしたことが物議を醸している。批判する側の論理は簡単に言えば次のようなものだ。

「黒人の真似をするために顔を黒く塗ることは、欧米では差別だというのが常識。もはやタブーで、いくら日本であっても、もう許されない」

 こうした主張は新しいものではない。ラッツ&スターが顔を黒く塗らなくなったのも、この種の批判を考慮してのことである。

 もっとも、今回の件については浜ちゃんを擁護する意見も根強い。

「黒人一般を模したのならば、差別だという理屈も成り立つかもしれないけれど、エディ・マーフィーという大スターの物まねをするにあたって、メイクで似せるのは当然じゃないか。それを差別だという方が、心に差別心があるんじゃないのか」

 これが擁護派の主な論理だろう。

 さらに、「そもそも欧米の人だって日本人を結構バカにしていない?」という疑問を抱く人も少なくない。たとえば映画「チャーリーズ・エンジェル」では、登場人物がデブの肉襦袢(着ぐるみ)を着て相撲取りに扮するシーンが出てくる。そこには日本の「神事」としての相撲へのリスペクトはまったく感じられない。比較的最近の映画でもこの調子なので、時代を遡れば、日本人をバカにしたような表現はいくらでもある。「ティファニーで朝食を」に出てくる出っ歯の日本人を見て悲しい気持ちになった人は少なくないだろう。

たけしさんと松村さんの話

 身体障害者という「差別」の対象になりやすい立場で、20年以上芸人として活動をしてきたホーキング青山さんは、この件をどう見るか。話を聞いてみた。

「私も含めて、社会的弱者となる人や差別の対象になってきた人の地位向上のために、これまでいろいろな人が闘って、権利を得てきたのは事実だから、そういう歴史を否定するつもりはありません。差別表現に声を挙げるのは悪いことではない。

 ただ、浜田さんの件についていえば、そんなに目くじらをたててどうするんだろう、とは思います。どう見ても番組やご本人たちに差別の意図はないでしょう。エディ・マーフィーは怒っているんですかね。

 結局、真似をする側、される側の関係性の問題だと思います。もしも車イスに乗って出てきて、私の真似をする人が現れてくれたら、私は喜ぶと思いますから。

 この件で思い出したのは、ビートたけしさんと松村邦洋さんについてのエピソードです。

 松村さんが、バイク事故後のたけしさんの表情を物まねしたことがありました。周囲はそんなことをやっていいのかと思ってハラハラしていた。物まねを披露したあと、松村さんがたけしさんの楽屋に呼ばれたので、周囲は『怒られるのでは』と緊迫したのですが、たけしさんは、『松村、違うよ! 逆! 逆! 俺はこっち』と言って、顔のひきつりの左右が逆だとアドバイスしたというのです。それで周りも胸をなでおろした。

 有名なエピソードですけど、私はこの話、大好きなんですよね」

1/2ページ

最終更新:1/16(火) 6:01
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。