ここから本文です

こんなにいた!日本人とゴールインした海外セレブ

1/17(水) 0:00配信

コスモポリタン

日本人と結婚していた海外セレブがいるってご存知ですか? それも、意外とたくさん! 

【写真】ビッグな国際結婚といえば、ジャン・アレジ&後藤久美子夫妻

今回はよく知られているカップルから、あまり知られていないカップルまで、日本人と恋に落ちた海外セレブとその日本人パートナーをまとめてご紹介。婚活の視野を国際結婚まで広げてみようかな?と思っている人、要チェックです! …次のセレブはあなたかも?

ケン・カオ&道端ジェシカ

今年10月に女の子を出産したばかりの道端ジェシカさん。赤ちゃんの父親だと噂なのが、台湾系映画プロデューサーで富豪の御曹司のケン・カオ。ケンは現在ライアン・ゴズリングと共に映画プロダクションを立ち上げ中と報道されている、今グイグイ来ている映画人の1人。ちなみに道端ジェシカの元夫は、F1ドライバーのジェンソン・バトン。

スティーブン・セガール&藤谷美也子

1970年代に空手に打ち込み日本に空手留学までしていたスティーブン・セガールは、日本文化に入れ込んでいたのか、1974年に米国に帰国後に、合気道教師の藤谷美也子さんと出会い、結婚。現在は離婚しているものの、女優としてアメリカと日本で活躍する娘の藤谷文子さんがいる。

オリビア・ハッセー&布施明

海外セレブ+日本人妻の組み合わせが多い中で、1組だけご紹介したいのがオリビア・ハッセーと布施明さんの夫妻。映画『ロミオとジュリエット』で15歳でジュリエットを演じ、当時日本でもアイドル的人気が高かったオリビアを起用した<カネボウ>のCMのテーマソングを布施さんが歌ったのが、2人の出会いのきっかけと言われている。1980年に結婚し、9年後に離婚。

伊達公子&ミハエル・クルム

今年、現役引退を発表したテニス選手伊達公子さんの元夫はカーレーサーのミハエル・クルム。伊達選手が40代で現役復帰の快挙を成し遂げた後も、多忙ながらもおしどり夫婦として知られていたけど、2016年に15年間の夫婦生活にピリオド。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ

『ビートルズ』のジョン・レノンの2人目の妻は、ご存知の通り日本人の前衛芸術家オノ・ヨーコさん。ジョンが世界的スターで熱狂的なファンが多かった上に、出会った当時まだジョンは最初の妻シンシアと結婚しており、周囲からは強い反発が。しかしヨーコとの出会いによって、ジョンの音楽活動にも強い影響があり、代表的ソロアルバム『ジョンの魂』にはヨーコさんが共同制作者としてクレジットされている。

最終更新:1/17(水) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。