ここから本文です

衛藤美彩のあふれる“お姉さん”オーラ!乃木坂46舞台「三人姉妹」が開幕

1/17(水) 18:45配信

ザテレビジョン

乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演する舞台「三人姉妹」(東京・博品館劇場)が1月17日に初日を迎え、記者会見と公開ゲネプロが行われた。

【写真を見る】長女役を演じる衛藤美彩が、次女役の伊藤純奈を抱きしめる

ロシアの作家・アントン・チェーホフの戯曲が原作で、田舎町に赴任した軍人一家の3姉妹たちをめぐるストーリーが展開。中学教師をしている独身の長女・オリガに衛藤美彩、満たさない結婚生活を送っている次女・マーシャに伊藤純奈、働くことに憧れをもつ三女・イリーナに久保史緒里が扮する。

三姉妹を演じることについて、伊藤純奈は「衛藤さんは醸し出すオーラがすでに“お姉ちゃん”なんです。メークの仕方をアドバイスしてくれたり」と明かすと、久保史緒里も「実際(衛藤に)メークをしてもらったりしました」と続けた。ふたりの“妹”が話す様子を笑顔で見守っていた衛藤は「(久保は)すぐメークが取れちゃうんですよ」とツッコミを入れながら、「普段乃木坂46でもお姉さんなので、いつもと同じ感じです。それにちょうど1期生、2期生、3期生での3人なので、三人姉妹という境遇に合っていると思います」とコメントした。

また、今回“人妻”役に挑戦する伊藤純奈は「結婚指輪を付けているんですけど、稽古中もいつも付けて触ったりしてなじませてました(笑)」とのエピソードを語っていた。(ザテレビジョン)

最終更新:1/17(水) 19:45
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)