ここから本文です

【先出し全文】小室哲哉“裏切りのニンニク注射” 懺悔告白40分

1/17(水) 16:00配信 有料

文春オンライン

【先出し全文】小室哲哉“裏切りのニンニク注射” 懺悔告白40分

インタビューに応じる小室哲哉

男は、妻が病に倒れたとき「僕にはこの人しかいないんだ」と思ったという。しかし、言葉とは裏腹に、男には“別の女性”がいた。彼が再三示していた妻への献身は、偽りだったのか。数多の愛の言葉を曲に乗せてきた稀代のヒットメイカーに、その本心を問うた。

◆ ◆ ◆

「うーん、男女の関係っていろんな言い方がありますけど――」

 1月16日午前11時半。予定の時間より30分遅れてホテルの会議室に現れた小室哲哉(59)は、ソファーに腰掛けると、慎重に言葉を選びながら訥々と話しはじめた。

 小室がインタビューに応じたきっかけは、小誌が送った一通の質問状である。小誌は、小室がある女性と数年来の不倫関係にある事実を取材し、質問をぶつけたのだった――。

 3日前の13日午後。療養生活を送っている小室の妻・KEIKO(45)はこの日、東京の自宅から母親に付き添われ、大分の実家に帰省していた。

 小室の運転手が、主を乗せずに黒塗りのベンツSクラスを発進させたのは午後8時過ぎ。向かった先は、小室の家から5分ほどの距離にあるデザイナーズマンションだった。運転手と路上で親しげに談笑する住人は、女優の柴咲コウに似た細身の美女、A子さん。

 A子さんは慣れた様子でベンツのトランクに荷物を積みこむと、後部座席に乗り込んだ。再び小室の家に戻ったベンツは、居住者用の地下駐車場へと吸い込まれていく。この夜、小室とA子さんはKEIKOのいない夫婦の自宅で、10時間以上に渡って2人きりの時間を過ごした。 本文:5,737文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:1/17(水) 17:06
記事提供期間:2018/1/17(水)~5/18(金)
文春オンライン