ここから本文です

「日本のお笑い」が世界最強である3つの理由

1/18(木) 6:00配信

東洋経済オンライン

 どうも~、オーストラリア人のお笑い芸人、チャド・マレーンです。謹賀新年でんねん。「戌(いぬ)年」ってことで、皆さんにとっても尻尾ブンブンな一年でありますように! 

いきなりですが、僕は『世にも奇妙なニッポンのお笑い』という書籍を出しました。昨年、脳科学者の茂木健一郎さんが「日本のテレビやお笑いはオワコン」発言をして物議をかもしたことがありましたが、青春を「日本のお笑い」に捧げてきた者として、「全くもってオワコンじゃないねんで!」という思いをぶつけました。

■コテコテの「ラリアっ子」なのに

 僕は、インド洋で産湯をつかい、アメリカとイギリスのメディア文化の影響を大いに受けた、コテコテの「ラリアっ子」です。なのに、日本のお笑いは世界で一番面白いと思っています。

 15歳の時、ひょんなことで日本のお笑いに出会ってしまい、海外のコメディアンよりも日本の芸人の方がずっとオモロイと思い、「日本で売れたら世界制覇できる!」という信念のもと18歳で単身来日しました。もう20年ほど経ちましたわ。

 来日して、吉本興業が運営するお笑いの学校NSC(NEW STAR CREATION/吉本総合芸能学院)に初の外国人として入学し、ぼんちおさむに弟子入りしました。日本独特の上下関係の中で揉まれながら、日本のいいところも悪いところも、どちらとも言えないところも、いっぱい見てきました。

 本業の漫才を軸に、舞台やTV番組に出たり、雑誌や新聞に連載したり、本も出したり。また、英語翻訳の仕事もしています。板尾創路さんが構成を務めた『魁!!  クロマティ高校 THE★MOVIE』(2005年公開)で英語字幕のチェックを頼まれたのをきっかけに、日本のコメディ映画、芸人のネタ、そのほかさまざまなお笑いコンテンツの英訳をしています。

 そうした仕事を通じて、僕は日本のお笑いを海外に輸出することについてつねづね考えてきました。コンテンツとして考えた場合、日本のお笑いは世界制覇するほどのポテンシャルがたっぷりあると思ってます――僕自身のことはさておきながら。

 僕が「日本のお笑いは世界一、面白い」と言うと、「どこが?」と驚く人も多い。詳しくは著書に詳しく書いてあるのですが、今回あらためて簡単にまとめると、オワコンになりようがないと思うポイントは3点あります。

1/3ページ