ここから本文です

誰が会社を殺すのか? 駄目な経営者と危険な社風「7つの兆候」

1/19(金) 8:00配信

Forbes JAPAN

筆者はこれまでに140社以上の企業と付き合ってきた。優秀で日進月歩の企業も多いが、そうでない企業もいくつかある。その中で、企業倒産も何度も見てきた。会社を殺す張本人を何度も見てきた。会社を潰す張本人、それは「経営者」と経営者がつくった「社風」である。例をあげて検証してみよう。

1. 経営者が景気の話をする

「景気が悪くて」と嘆く経営者はよくいるが、景気のせいにしても仕方がないのだ。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグやアマゾンのジェフ・ベゾスが「景気」のせいにした記事など読んだことがない。

昨日出席した会議でも大苦戦中の企業の社長が、「不景気で新規投資が冷え込み、受注が取れない」と述べていた。同じ業界でも成功している企業はいくらでもある。そう、会社経営の不振の要因の殆どは社内にあるのが通常だ。しかし、原因を外部要因に求める駄目経営者は意外にも多い。

その会議で、筆者は「会社の認知度が低い」「技術力が低い」「技術力の高い人材を確保できてないのでは?」と述べたら、経営者が本当に嫌な顔をしていた。実は本人もわかっているのだ。でも、世の中のせいにしたいのである。

つまりは「経営能力がない」というのが本質だが、外的な原因にしている。病気の原因が「抵抗力の低下」や「栄養失調」であるにもかかわらず、「強力なウィルスが~」と言っているようなものである。

2. 自分の会社よりも他社の事柄に口を出す

いろいろな経営者の会でよく顔を見かける経営者がいる。彼はいつも熱心に話している。業界のこともよくわかっている。大きな企業の戦略も知っている。そして、話の途中で、「それはA社の〇〇という技術ですね」と口を挟んで、会合を台無しにする。

彼の企業はさぞかし経営が順調なのだろうと思ったら、そんなことはない。倒産しかけている泥舟企業だった。その割に高額なセミナーに参加したり、社長の会にも積極的に参加したりしている。

実は、この様な経営者はひじょうに多い。「優れた経営者」の知識は知っているが、それが自らの実践として実際には伴っていないということだ。医者の不摂生のようなものである。

つまり、頭でっかちな経営者だ。しかも、面白いことに社内ではそんな話を一切しない。社内では地味な経営者で、外に一歩出ると「評論家」並みの力を発揮するのだ。何れにせよ経営をしていない社長の典型である。

1/3ページ

最終更新:1/19(金) 8:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2018年3月号

株式会社アトミックスメディア

2018年3月号
1月25日(木)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。