ここから本文です

「他人の失敗」を見ると快楽を覚える本質理由

1/20(土) 7:20配信

東洋経済オンライン

著名人のツイッターが炎上したり、失言がバッシングされたりする出来事が毎日のように起こる昨今。なぜ、人は自分とは無関係の人間の失敗を目ざとく見つけ、たたこうとするのか?  脳科学者・中野信子氏が、最新刊『シャーデンフロイデ』で、バッシングに「快楽」を覚える人間の脳の仕組みを、徹底的に解剖する。

■他人を引きずり下ろしたときに生まれる快感

 「他人の不幸で今日も飯がうまい」の略で「メシウマ」というネットスラングがあります。

 成功者のちょっとした失敗をネット上で糾弾して喜びに浸る、この感情のことを、脳科学・心理学の世界では「シャーデンフロイデ」と呼ばれています。この単語はドイツ語で、Schadenfreudeと綴ります。Freudeは喜び、Schadenは損害、毒、という意味です。

 これらは、ある種の週刊誌の売り上げを下支えする感情、といってもいいかもしれません。

 「最近目立っているあの人」に対し、「あの点をこうすればいいのに」「どこがいいの」「上から目線で気に入らないんだよね」などという形で“検出”が行われ、「ちょっと痛い目に遭えばいいのに」「コメント欄で炎上させてやれ」「ツイッターで攻撃してやれ」「どうもへこんでいるらしい」「いい気味だ」というように、“排除”が実行されていきます。

 いわゆるバッシングですが、この犠牲になった人の例はいくらでも挙げられるでしょう。

 近年は橋下徹さんや堀江貴文さん、西野亮廣さんらが標的になることが多かったかもしれません。

 実はこのバッシングにつながる一連の行動原理は「オキシトシン」という脳内物質と、深い関わりを持っています。

 オキシトシンは、愛情ホルモン、幸せホルモンなどと俗に呼ばれて、基本的には人間に良い影響を与える物質と考えられています。

 オキシトシンは、1906年に、ヘンリー・デールという人が発見しました。ちょっと変わった名前ですが、その由来は「迅速な出産」という意味のギリシア語からきています。脳下垂体をすりつぶした汁が、陣痛を引き起こすことを発見したデールは、この汁の中に、出産を速める物質が含まれているに違いないと考えて、その名前をオキシトシンと名付けたのです。

1/3ページ