ここから本文です

インスタグラムの闇 借金や不倫、復讐や更新の義務化現象も

1/22(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2013年、インスタグラムで「謎の美男子」と話題になったことがきっかけで芸能界デビューしたGENKING。だがインスタで「いいね!」を得ることが快感になるあまり、カードローンでブランド品を購入してはインスタにアップし、すぐ質屋に売ってまたブランド品を購入することを繰り返した。

 当時の月収は20万円ほどだったが複数のカードを駆使して借金を重ねて、ひたすらインスタ映えを追い求めた結果、インスタを始めて1年でローンの合計は1000万円に達した。

 芸能界で必死に働いて何とか全額を返済したGENKINGは、後にテレビ番組で当時を振り返ってこう述べた。

「SNSでつらい思いをするよりも、身の丈にあった写真で楽しむべき。自分をしっかり持ってる人は、必死に自慢をしない」

 夫婦関係が破綻することもある。レイ法律事務所の松下真由美弁護士のもとには、インスタ絡みの法律相談が数多く寄せられる。

「最近はインスタがきっかけで不倫が発覚することが多い。とくに女性は不倫を誰にも言えないから、SNSに写真などを記録して思い出に残す傾向があります。夫や妻が配偶者のスマホを勝手に見たりして不倫が発覚するケースが多い。鍵をかけたアカウントに投稿しても、共通の知人が“子供がかわいそう”と見かねて不倫された夫に情報を伝えたケースもある」(松下弁護士)

 投稿された不倫写真はスクリーンショットで容易に保存でき、離婚調停や裁判で不貞の動かぬ証拠となる。より危惧されるのは、不倫された側による「復讐」だ。前出の松下弁護士が言う。

「妻のインスタに不倫の写真を見つけた夫から、『不倫相手の勤務先に知らせてもいいですか』と相談を受けたことがあります。最近は浮気の事実をSNSで公表して不倫相手の友人や勤務先にばらしたり、浮気した妻の恥ずかしい写真や動画をばらまくケースも実際に起きている。いずれも名誉毀損罪などの犯罪に該当する行為ですが、浮気された側は頭に血が上っているので歯止めがきかないことがある」

1/2ページ