ここから本文です

C・ロナウド、ヘディング弾直後に前代未聞の行動 現地紙注目「血まみれの顔面チェック」

1/22(月) 9:50配信

Football ZONE web

後半39分にこの日2点目を決めたロナウドだが…左目上をぱっくり裂傷

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが21日の本拠地デポルティボ・ラ・コルーニャ戦で血染めのヘディング弾を決めた後、前代未聞の行動で注目を集めている。エースが2ゴールなどの活躍を見せて7-1勝利に貢献した。

【動画】「レアル×デポルティボ」ハイライト C・ロナウドがヘディング弾直後に悶絶…血まみれの顔をセルフィーモードでチェックする様子

 この日も、打てども打てどもゴールが遠かったロナウド。後半23分に司令塔MFルカ・モドリッチのミドルシュートをヒールパスでアシストすると、大勢の決した4-1リードで迎えた後半33分にMFカゼミーロのクロスから左足でボレー弾。今季5ゴール目にも不満そうな表情で喜びの様子を一切見せなかった。

 そして、後半39分に最大の見せ場が訪れる。右サイドからのクロスにダイビングヘッドで鮮やかなゴールを決めたロナウドだが、ピッチに倒れこんで悶絶する。チームメートが歩み寄っても動けなかった。クリアしようと足を伸ばしていた相手のスイス代表DFファビアン・シェアの右足が顔面に直撃していた。

 ロナウドの左目の上がパックリと裂け、端正な顔面は血まみれとなった。そこからは誇りと自尊心の高いスーパースターならではの行動に出た。ピッチ脇に引き上げる途中で、治療に駆けつけたドクターに携帯電話を借りることを要求。ピッチ上でセルフィーモードによって傷口を自ら確認すると、厳しい表情で首を横に振った。

誇り高きストライカーの行動に現地紙も注目

 スペイン紙「AS」も「クリスティアーノ・ロナウドがドクターの携帯で血まみれの顔面をチェック」と特集。誇り高きストライカーの行動に注目している、「レアル・マドリードの7番はピッチサイドに向かった。そして、ベルナベウのドレッシングルームに向かった。レアル・マドリードはすでに全ての交代を使っていたので、彼は交代できなかった」と記事では報じている。

 ロナウド不在もこの日、先制点を決めていたDFナチョ・フェルナンデスが後半43分に7点目を決め、レアルは怒涛のゴールラッシュで大勝を収めた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/22(月) 16:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新