ここから本文です

現代の悲劇「アルビノ狩り」を知っていますか

1/22(月) 9:00配信

東洋経済オンライン

フジテレビ勤務の敏腕テレビマンが、3作目のサスペンス小説を書き上げた。処女作『血讐』、2作目『シスト』に続く今回の作品は『呪術』。アフリカにいまだに残っている「アルビノ狩り」をテーマに選んだ。それは、なぜなのか。そしてこの作品に描かれていることとは? 
 「アルビノ狩り」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

この記事の写真を見る

 この世には本当に信じられないことが実際に起きている。それは処女作『血讐』が発売され、次作のテーマを考えていた2013年の秋だった。世界各地で起きる事件を扱う某民放バラエティ番組を観ていた私はその日のテーマに引きつけられていた。そのテーマとは、アフリカで問題になっているおぞましい出来事、「アルビノ狩り」だった。

■生きたアルビノの人達が襲われている

 呪術師の作る民間薬がいまだに広く使われているアフリカ東部では、権力や幸せ、健康をもたらすポーションと呼ばれる薬を作るために、なんとアルビノの身体の一部が使われることがあるというのだ。にわかに信じがたい話だ。

 アルビノの肉体を入手するために墓場も荒らされることがあるというが、最も残酷なのは生きたアルビノの人達が襲われ、身体の一部を奪われ、時には殺されることもあるという恐ろしい実態だ。

 2017年9月にはアフリカ南東部モザンビークで、アルビノの17歳の少年が殺害され、脳などが奪われた状態で発見された。AFPが伝えた地元当局者の話では、「犯人らは被害者の腕や脚から抜き取った骨や、髪の毛を奪ったうえ、頭を割って脳を取り出していた」という。

 遺伝的な原因で生れつきメラニン色素を生成する機能が欠けていることによって、肌や毛髪の色が白くなる症状が出るのがアルビノだ。アルビノ狩りについては、遠いアフリカで起きているということで、たまにバラエティ番組やニュースの特集になる以外、日本ではあまり話題になることがない。

 筆者はテレビ局で報道の記者や情報番組のプロデューサーなどをしていた20年のうち、3分の1を海外にかかわる部署で過ごしたが、恥ずかしながらアフリカでアルビノが置かれている現状について知らなかった。

 だからこそ、このアルビノ狩りをテーマにサスペンスやミステリーを書いてやろうと思ったのがこの小説『呪術』の原点だ。

■親類に襲われるケースも

 読者にあまりなじみがないアフリカという土地、そして主要な登場人物に呪術師を選んだ時点で小説の骨格は決まった。そして、テレビで見たアルビノ狩りに遭い、片手を失った女性の姿が頭に強く印象に残っていた筆者はアルビノの少女を登場人物の柱に据えようと決めた。

1/2ページ