ここから本文です

誤解されるがんの「標準治療」 正しい意味とは

1/23(火) 8:00配信

BEST TIMES

がんの闘病を告白する芸能人が増えたことから、がん治療にまつわる情報を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。1万人以上のがん患者を治療し、SBRT(体幹部定位放射線治療)において世界トップクラスの治療実績をもつ(肝臓がんで世界1位、肺がんで国内2位)放射線治療専門医・武田篤也氏が著す『最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療』より、ニュースに度々登場する「標準治療」の正しい意味を解説します。

 ■医学的にもっとも推奨される「標準医療」

  早期の場合を除いて、がんの治療では、手術、放射線治療、全身化学療法という三大療法からどれか一つだけ選ばれるのではなく、多くの場合それぞれの特長を生かしながら組み合わせて用いられます。

 どのように組み合わせるかは、がんの種類やステージによってかなり異なります。

 ただ、どのがんのどのステージにおいても「標準治療」が設定されています。

 標準治療とは、大規模な臨床試験によって治療効果の可能性が示され、かつ安全性が許容された、医学的にもっとも推奨される治療法です。

 要するに、「このがんのこのステージならば、この治療法が一番いいですよ」と、エビデンスに基づいて医師が示せる治療法です。

 エビデンスは一般的に「科学的根拠」と訳されます。「エビデンスに基づいた医療」という言い方をよくしますが、これは医療行為において治療を選択する際などに、「実際に使って効果が確かめられている医療」とでも解釈していただけばいいでしょう。日本において、標準治療は各学会が最新のデータをもとに基準に則(のっと)って決めており、一般の人でも国立がん研究センターや各学会のホームページなどで見ることができます。

 

■「標準」という言葉に対する誤解

 がんの標準治療は、日本では基本的に健康保険が適用されます。

 この、保険が利くという事実や、「標準」という言葉が、「あまり効果が期待できないのではないか」とか「お金さえ出せばもっといい治療法があるはずだ」という誤解を生んでいる面があります。標準を「上・中・下」の「中」と捉えてしまうのです。

 歯科の治療で、前歯を差し歯にしたことがある人ならわかると思いますが、保険が適用される差し歯だと、どうしても色味などに不自然さが出ます。一方、保険外のものならば、高額ではあるけれどきれいな仕上がりになります。それと同じことが、がん治療においてもあるのではないかと考えてしまうようです。

 しかし、差し歯の違いはあくまで「見た目」の問題であり、歯としての嚙 む機能は変わりません。だから、安い差し歯にしか保険は利かないわけです。

 がんの標準治療に保険が適用されるのは、厚生労働省が「効果がある」と認めているからです。今や厚労省は一人あたり一年に三〇〇〇万円する新規抗がん剤すら保険適用とするのです(これも問題をはらんでいますが)。

 だから、「標準治療では物足りない」という考えは捨ててください。こういった考えはむしろ高学歴の方や高所得者の方に多いようです。芸能人もその類(たぐ)いかもしれません。そういった方の治療法などが雑誌の釣り広告を賑わせていますが、医師から見ると、残念で仕方ありません。
<『最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療』より構成>

文/武田 篤也

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。

Yahoo!ニュースからのお知らせ