ここから本文です

月収12万の私が自覚してなかった貧困の真実

1/23(火) 5:00配信

東洋経済オンライン

政府は2018年秋から、生活保護対象者へ食費などの生活費をまかなうために支給している「生活扶助費」を最大5%引き下げる。当初は最大13%減の見直し案を提示していたが、批判への配慮で5%にとどまった。
生活保護への関心が高まっているなか、『この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。』(イースト・プレス)を上梓した小林エリコさん。貧困、うつ病、自殺未遂から生活保護を受給、そして生活保護を切って働くまでの自伝的エッセイとなっている。

この記事の写真を見る

反貧困ネットワークの世話人で多くの貧困問題に取り組んでいる作家・活動家の雨宮処凛(あまみや かりん)さんとの対談が実現。女性の貧困や生活保護への偏見について、前編と後編に分けてお送りする。

■生活保護を切る方法を書いた本はなかった

 ――雨宮さんは今回、小林さんの著書『この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。』を読まれてどんな感想を抱きましたか? 

 雨宮 処凛(以下、雨宮):最初、Twitterで回ってきたのをネット上で読みました。昨年、一部だけネット上で公開されていましたよね。「すごい人が出てきたぞ」と、気になっていました。それが今回1冊の本にまとめられたとのことで読ませていただきました。

 小林さんは1977年生まれですよね。私は1975年生まれなので同世代です。以前、ミニコミ誌の『精神病新聞』も出されていましたが、あれってタコシェ(自主制作の本やCD、絵画や雑貨を取り扱っている店)とかで売っていたんでしたっけ? 

 小林 エリコ(以下、小林):はい、そうです。タコシェです。

 雨宮:じゃあ見てました! 

 小林:本当ですか?  ありがとうございます。22歳のときから書いていました。

 雨宮:私は当時、まだ物書きになる前で人形作家志望だった頃です。それで、自分で作った球体関節人形のポストカードをタコシェで売っていたんですよ。その時から『精神病新聞』は目にしていたので、今回出版された本を読んですごく文化が近い気がしました。

1/6ページ

東洋経済オンラインの前後の記事