ここから本文です

原口元気、独2部へ移籍決定で宇佐美貴史と同僚に。ヘルタとの契約は延長

1/23(火) 21:41配信

フットボールチャンネル

 ドイツ1部のヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気は、今シーズン末までのレンタルで2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへ移籍することが決定した。現地時間23日に両クラブから発表が行われている。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

 レンタル期間は今年6月30日まで。デュッセルドルフでの背番号は「25番」となることが発表されている。

 ヘルタの発表によれば、原口は同クラブとの契約を延長した上でデュッセルドルフへレンタルされる。契約延長の期間は明確にされていないが、ドイツメディアの報道によれば、今季末までとなっていた契約を2019年まで1年間延長したとみられる。

「非常に良い答えを出すことができた。ゲンキは昇格を狙うチームで実戦の機会を得ることができる。夏のワールドカップ終了後にはあらゆる可能性がある」とヘルタのミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)はコメントしており、来季以降に関しては残留も含めてあらためて検討することをうかがわせている。

 デュッセルドルフは現在2部で首位に立ち、来季の1部昇格を目指して戦っている。昨年夏にアウクスブルクからのレンタルで移籍したFW宇佐美貴史も所属するクラブだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)