ここから本文です

旅人はできれば避けたい? 「残念な列車」10選

1/24(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

 全国各地を鉄道旅行していると、がっかりするような車両に出くわすことがある。都会の純然たる通勤通学路線ならいざ知らず、風光明媚な路線で無粋なオールロングシートの車両に乗らなければならないとなると鉄道会社を恨みたくもなる。地域によっては、都市圏であっても普通列車に転換クロスシートの新型車両を走らせているところもあるので、その差は何だろうかと考えてしまう。

【写真】静岡地区の東海道線を走る普通電車の残念なところとは?

 今回は、あくまで「乗り鉄」、旅行者の立場から、そうした乗りたくない残念な車両をピックアップしてみた。

■速さは取り柄だがそれ以外は…

 【電車編】

 01)JR東日本701系電車

 東北地方の電化区間(奥羽本線、羽越本線の酒田以北、東北本線のかなりの区間、常磐線の仙台直通列車、田沢湖線など)で遭遇する確率が高い車両である。短編成でオールロングシート、乗り心地も良くなく、見るからに安普請なつくりは、鉄道ファンのみならず、利用者によっても評判が必ずしも良くない。取り柄はスピードで、かつて走っていた客車列車に比べると、相当な時間短縮にはなっている。

 奥羽本線(新庄―大曲)用、標準軌の田沢湖線には申し訳のようにボックス席が千鳥格子状にロングシートとともに配置されているが、そこに座れても通路の反対側のロングシートに座っている乗客の視線を感じると落ち着かず中途半端な感じである。

 酒田以北の特急「いなほ」、秋田―青森間の特急「つがる」は、ともに1日3往復しかない。青春18きっぷ愛用者でなくても、時間帯によっては、長距離移動でこの701系に乗らざるをえないのが悲しいところだ。

 ところで、東北最大の都市である仙台近郊区間は、ラッシュ時の混雑が激しいと思われるが、意外にもセミクロスシートのE721系が増えてきている。あまりにひどい車両を投入すると、利用者がこぞってバスやマイカーに逃げてしまうと反省したのだろうか?  ともあれ、一刻も早く引退してほしい車両である。

 02)静岡付近の東海道本線ローカル電車

 首都圏から東海道本線で熱海に到着すると、それまでのグリーン車付き長編成の列車と比べるとあまりにも短い編成の電車に、これが同名の東海道本線だろうかと驚く。それにもかかわらず、乗客が激減することはなく、季節や曜日、時間帯によっては席にありつけないこともある。

1/5ページ

東洋経済オンラインの前後の記事