ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

残念な市議や市長 ストーカー、セクハラ、盗撮、記者にキス…

1/28(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 日本全国には、頑張ってお仕事をする市長・市議がたくさんいる。でも一方で、思わず 「どうしてそうなった?」 とつっこみたくなる「ざんねん」 なかたがたも存在する。福井県あらわ氏の前市長・橋本達也(63才)は「なぜか女性の足をなめちゃった」。どうしてそうなった? という、猥褻問題で騒動になった市長・市議をご紹介(※年齢・肩書は報道時のもの)。

◆2017年12月 福井県あわら市 橋本達也市長(63才)→辞職
 2013年から、既婚の知人女性と公務中に市長室でキスするなどの行為を繰り返す。女性の夫が抗議し、5000万円の示談金を要求。好きな言葉は「宿命に生まれ、運命に立ち向かい、使命に燃える」。

◆2017年8月 奈良県天理市 並河健市長(38才)→辞職の意向なし
 東京に公務出張した際、出張先のホテルに派遣型風俗店の女性を呼び、サービスを利用。並河市長は2017年2月と6月の2回サービスを受け、私費で支払ったと説明。居合道三段。

◆2015年~2017年 栃木県小山市 角田良博市議(68才)→辞職の意向なし
 女性職員への度重なるセクハラ。2015年以降9回にわたり議員辞職勧告を受けている。宇都宮地裁は「背中や腰に手を回したり、なでる行為などはセクシャルハラスメントに該当する」と女性職員の訴えを認めた。

◆2017年11月 新潟県村上市 姫路敏市議(56才)→辞職
 知り合いの女性につきまとい車に携帯電話を取り付け、GPSで位置情報を探索。ストーカー規制法違反で起訴。罰金50万円の略式命令を受けた。好きな言葉は「為せば成る」。

◆2017年5月 徳島県徳島市 小林雄樹市議(39才)→辞職
 女子中学生のスカート内をスマホ撮影したとして起訴。盗撮目的を否定したが不起訴には至らなかった。

◆2016年9月 山形県村山市 長谷川元市議(43才)→逮捕
 ネットを介して知り合った少女が18才未満と知りながら現金1万5000円を渡して買春を行った。僧侶と二足のわらじを履く。

◆2017年12月 岩手県岩泉町 伊達勝身市長(74才)→辞職
 岩手日報の女性記者に対して抱きついて、むりやり複数回キスをしたと同社が発表した。伊達町長は記者会見で「迷惑はかけた」と述べたがわいせつ目的自体は否定している。

※女性セブン2018年2月8日号