ここから本文です

36歳エトー、トルコで国内移籍。空港到着にファン殺到…カリスマ的人気は衰え知らず

1/31(水) 23:04配信

フットボールチャンネル

 かつてバルセロナやインテル、チェルシーなどでプレーした元カメルーン代表FWサミュエル・エトーの新天地が決まった。トルコ1部のアンタルヤスポルから、同じリーグ内のコンヤスポルにフリーで移籍する。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

 エトーの獲得を31日にクラブ公式サイト上で発表したコンヤスポルは、前日の23時ごろにプライベートジェットでコンヤの空港に到着したスーパースターの様子を写真付きで紹介している。そこには深夜にもかかわらず多くの熱狂的なサポーターが駆けつけ、エトーの加入を歓迎した。

 今季、36歳になったエトーはトルコ1部で15試合に出場して6得点3アシストを記録しており、持ち前の得点力は健在。カリスマ的人気も衰え知らずな元カメルーン代表FWは、現地時間31日の午後にコンヤスポルと正式契約を結び、背番号「81」とともにホームスタジアムでファンにお披露目された。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)