ここから本文です

冬の着膨れ注意報! すっきりしたコート姿になるコツ

2/1(木) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 厚手のアウターに頼り切った結果、もこもことした着膨れスタイルになってしまった――そんな失敗はありませんか? そんなとき、鏡の前で何をどうチェックし、修正すればいいのでしょうか。ストリートスナップを例に、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

【関連画像】アウターのボリュームを目減りさせる上では薄物を組み込んだレイヤードが有効。縦長イメージをどう引き出すかを考えよう

 気負わない着こなしは春夏のイメージが強いが、アウターがかさばりやすい真冬にこそ使いこなしたい。着膨れを避ける上で、春夏をイメージさせるようなデニム、薄手生地、コットンなどの素材を使ったレイヤード(重ね着)はメリットが多い。無用にボリュームを出し過ぎないスタイリングのコツは「縦落ち感」の強調と「ヌケ感」のアピール。上下で量感をずらす合わせ方や、小物を使った細見せテクニックも組み合わせたい。

●Gジャンをサンドイッチして、重たさをオフ

 コートが主張する冬ルックでは、コートの存在感を下げる「引き算」のコーディネートが効く。カジュアル感が目に飛び込んでくるから、Gジャン(デニムジャケット)をコートの内側に着て、デニム生地をちらりとのぞかせるだけで、ヌケ感のある軽やかな着こなしに。

 ハイウエストのチェック柄パンツに巻いた細ベルトがほっそり感をアピール。白ハイネックも縦長イメージを引き出してくれるから、すっきりしたレイヤードに仕上がる。

ふわふわと艶めきの異素材ミックス

 コートルックがもっさりして映るのは、同じ生地がやたらと広い面積を占めてしまうから。つまり、コートとは異なる質感の異素材アイテムをレイヤードに組み込めば、コートの出しゃばり具合を抑え込める。異素材アイテムのバランスをチェックしよう。

 コートの下にふわふわファーを忍ばせて、表情をソフトに。サテン系の艶めいたブラウスももたつき感をそいでくれる。コート自体もパッチワークが効いている分、のっぺりして見えない。ボトムスはスリムなレザーパンツでコンパクトにまとめた。斜め掛けにしたバッグのストラップも着姿にシャープな印象を添えている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2018年3月号

価格:600円(税込)

1億円女子登場!月収10万円台でも貯まる
1000万円貯まる人の24時間
0円で冷えないカラダを手に入れる「温活」
【付録】お部屋をパワースポットにする簡単テク

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事