ここから本文です

浦和GK西川周作、川崎戦で大量5失点も前向き 「しっかりと自分たちの膿が出た」

2/3(土) 21:58配信

Football ZONE web

45分3本のトレーニングマッチで3-6と敗戦、西川は90分出場後に明るい表情

 J1浦和レッズの日本代表GK西川周作は、J1リーグ王者の川崎フロンターレに大量失点を喫したトレーニングマッチを前向きに捉えている。3日にキャンプ地の沖縄県で対戦した両チームは、45分3本の形式で試合を行い、トータル3-6で川崎に敗れた。2本目まで90分間の出場となった西川は5失点を喫する結果になった。

【写真】槙野智章が公開! 浦和&川崎の面々による仲睦まじい“9ショット” 「眠たいらしい」とイジられたのは…

 1本目は、昨季AFCチャンピオンズリーグを制した浦和のベースとなった守備力が十分に発揮される展開だった。川崎が浦和陣内で縦パスを入れるところにしっかりと狙いをつけ、的確な寄せでボールを奪うと効果的に攻撃へとつなげた。ゴール前まで進出した後、ボールを奪われても敵陣深くまで組織的なプレスをかけ、川崎がパスを思うようにつなげない状況に追い込んだ。結局、セットプレーで1失点したものの、西川が仕事をするような場面はほぼなかった。

 しかし2本目は悪夢の展開となってしまう。完全に崩された形からのオウンゴールを献上すると、川崎FW小林悠のドリブルから中央4人抜かれての失点、ビルドアップのミスで無人のゴールに決められたもの、クロスに対するマークミスでの失点と、“多彩な失点パターン”という言葉が当てはまるような守備の崩壊だった。

 ファインセーブもありながら、GKにノーチャンスの失点ばかりだった西川は、試合後に意外にも明るい表情を見せている。

「まだ体力的にもできることが限られているので、これから(コンディションが)上がっていくところだと思いますし、こうやってJ1の強いチームとやって良いところと悪いところが出るのはポジティブなこと。今、しっかりと自分たちの膿が出たのは前向きですよ。ミス絡みの失点はありましたけど、自分たちがトライしなければ試合ではできない。練習試合でしか得られないものがあるので、トライする姿勢を今の時期は忘れないようにしたいですね」

ロシアW杯へ、評価を高めるには?

 西川が話したように、浦和にとって川崎戦は第2次キャンプでの初戦であり、公式戦のスタートは3週間後。一方の川崎は10日にゼロックス杯セレッソ大阪戦の公式戦を控えている違いから、この日の2本目以降は仕上がりの差が顕著に出た。とはいえ、浦和は昨季リーグ戦での低迷が失点増加によるものなのは明白なだけに、Jリーグ屈指の攻撃力を誇る川崎相手に露呈した“甘さ”は、残り3週間で改善しなければいけない。

「昨年までやっていたことを引き続きやりながら、守備でどこでボールを奪いに行くかという整理はできてきていると思う。失点しないことをまずは考えながらやっていきたい。一番気になっているのは失点数なので、常にゼロを意識しながらやりたい。この時期は悪かったことをしっかりと受け止めて、次に生かしていけるようにしたい」

 今季は西川にとっても、6月にロシア・ワールドカップ(W杯)が控えた大切なシーズンだ。チームの失点数はGKに対する評価に強い印象を与えるだけに、ロシア行きのチャンスをつかむためには、キャンプ中からリーダーシップを取って守備陣をまとめることが求められる。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

最終更新:2/3(土) 22:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新