ここから本文です

W杯メンバー入りへ長澤が攻撃で強烈アピール!! 浦和懸案の“興梠孤立”にも打開策

2/3(土) 19:59配信

SOCCER DIGEST Web

「ポジションチェンジし過ぎずに良い位置で我慢する」

 浦和レッズのインサイドハーフコンビが、昨季の課題解消に向けて手応えを掴んだ。
 
 3日にキャンプ地の沖縄県で川崎フロンターレと45分×3本の形式で対戦した浦和は、トータルスコア3-6で敗れたが、主力の揃った1本目は川崎を完全に封殺して2-1で終える好ゲームを演じた。
 
 特に変化が大きく見られたのが、昨年に日本代表に選出されるなど一気に中心選手への道を歩んでいる長澤和輝だった。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の戦いで日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の称賛を集めたように、相手ボール時に激しく身体を寄せて奪い取れる“デュエル”の強さに加え、この川崎戦では攻撃への関与の仕方が格段に向上していた。
 
 実際に、浦和が1本目に奪った2点はいずれも長澤が深く関わった。11分の先制ゴールは、柏木陽介が左から上げたクロスをファーサイドで武富孝介が落とし、それを長澤がボレーで叩いた。これはゴールポスト直撃となったものの、跳ね返りを武富が押し込んだ。さらに28分には、右サイドから柏木と武富がコンビネーションで突破し、柏木のラストパスを長澤が押し込んだ。いずれも、後方から勢いをつけた長澤がゴール前まで進出したことで、相手守備陣にマークのズレを生んだ。
 
 これまで浦和のインサイドハーフは、ビルドアップを助けるあまりにポジションを下げ過ぎて、それが最前線で興梠慎三の孤立を招くという状況があった。長澤は今季、そこを改善点にしていると話している。
 
「高い位置を取って、最終ラインとボランチの間のギャップで仕事をしようとしています。慎三君が苦しまないように、近い位置を取りたいと思っていますからね。適切なポジション、ギャップになる位置で我慢することが重要だと思ってやっていますし、ポジションチェンジし過ぎずに良い位置で我慢することで、ゴール前のチャンスも増えますから」
 
 昨季のリーグ戦で長澤が挙げたゴールはサンフレッチェ広島戦の1点のみだったが、それも右からのクロスに対してゴール前に入り込んだプレーだった。ゴール前に入り込んでいくセンスは持ち合わせているだけに、チーム戦術が改善されることで長澤自身の得点力アップも期待される。
 
 危険な位置にボールを出せる柏木と、危険な位置でボールを受けられる長澤という2人のコンビネーションは、2シーズン目に入って熟成されてきている。6月のワールドカップ日本代表のメンバー入りへのアピールという意味でも、守備面だけでなく相手ゴール前で仕事ができるところを見せ続けることで、さらなるステップアップが望めそうだ。

【PHOTO】浦和レッズを応援する美女サポーター

最終更新:2/3(土) 19:59
SOCCER DIGEST Web