ここから本文です

【立浪和義の「超野球論」】清宮幸太郎選手のキャンプに注目

2/5(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

木製への適応は問題なし
【立浪和義の「超野球論」】清宮幸太郎選手のキャンプに注目

鎌ケ谷で自主トレ中の清宮[右]。大物感はたっぷり/写真=高原由佳

 いよいよ春季キャンプが近づいています。

 現役を引退してからずいぶん経ちますが、なんとなくソワソワしてくる季節です。

 今年も各チームに、たくさんの新人、移籍選手、新外国人が加わりましたが、一番の注目は、やはり早実から日本ハムに入った清宮幸太郎選手でしょう。史上最多となる高校通算111本のホームランを放ち、何年かに一度の逸材であることは間違いありません。

 技術的には完成度は高いと思います。スイングが非常に柔らかく、高校1年のときの甲子園を見て感じたフォローの窮屈さもなくなりました。大きな欠点はないと思います。

 ただ、プロでもホームランをしっかり打つ、また、長いシーズンを戦うことを考えれば、やはり・・・ 本文:1,263文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込162
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール