ここから本文です

孫正義もジョブズも憧れたイノヴェイター、佐々木正:追悼

2/5(月) 12:20配信

WIRED.jp

「シャープの元副社長」というより「孫正義の恩人」と紹介したほうがわかりやすいかもしれない。比類なきコスモポリタンであり、彼を「恩人」または「師」と呼ぶ人は世界中にいる。実はこれを読んでいるあなたもまた、毎日、彼の恩恵に浴している。

液晶の「副産物」が生んだ驚きの保冷バッグ

その人物とは、シャープを世界的な電機メーカーに育てたことで知られる佐々木正である。1月31日に102歳で亡くなった佐々木は1915年、島根県浜田市に生まれた。元号で言えば大正4年だ。元号でひとつ前、明治の時代、日本は日清・日露の戦争に辛くも勝利し、台湾、韓国、中国の一部を領土にした。佐々木の両親は幼い彼を連れ、当時の日本人にとっての「新天地」であった台湾に渡る。

1934年に京都帝国大学に入学するまで、佐々木は台北で育った。小中学校では台湾の子どもたちと机を並べている。元台湾総統の李登輝は小学校の後輩だ。幼少期から思春期までを外地で過ごした佐々木には、日本人の代表的な気質である島国根性がない。

それゆえ、電卓向けMOS LSI(金属酸化膜を使った大規模集積回路)ではアポロ12号の着陸船向け半導体を開発していた米ロックウェルの懐に飛び込み、サムスン電子が半導体に進出するときには李健熙(イ・ゴンヒ、現会長)に請われて技術を教え、在日三世の孫正義が学生時代に発明した自動翻訳機を1億6,000万円で買い取って最初の起業資金を与え、アップルを放逐されたスティーブ・ジョブズにソニーの大賀典雄を紹介した。

戦時中の「最先端」を走り続けたエンジニア

一介のサラリーマンでありながら、軽々とボーダーを超えていく佐々木の生き様は、彼の生い立ちと無関係ではない。

大学時代、教授の計らいでドイツのドレスデン工科大学に留学した。この時点ですでに、佐々木は中国語、英語、ドイツ語と日本語の4カ国語を操った。通信技術においてはすでに日本の先頭を担う立場にあり、当時の逓信省に呼ばれて電話機の開発に携わった。

大学を卒業したのは盧溝橋事件の翌年に当たる1938年だった。戦時色が強まるなか、軍の命令でレーダーなどに使う真空管を開発するため川西機械製作所(のちに富士通に吸収合併、現在のデンソーテン)に入社する。太平洋戦争が始まると佐々木は陸軍登戸研究所に派遣された。

そして最新のレーダー技術を教わるため、ドイツに送られた。行きはシベリア鉄道を使ったが、帰りはソ連の参戦が近づいていたため陸路が使えず、ドイツ軍のUボートに乗って設計図を持ち帰った。

帰国すると佐々木は、マイクロ波を敵兵に照射して焼き殺す「怪力電波」の開発を命じられた。空襲が激しくなった首都圏を逃れ、登戸研究所のメンバーは諏訪湖のほとりで怪力電波の研究を続けた。ついにプロトタイプが完成し、捕虜を使った人体実験へと進むことになる。

佐々木は自分たちの技術が殺人に使われることに良心を痛めたが、空襲で半身を吹き飛ばされた部下を思い出し「やらなければ、こちらがやられる」と自分に言い聞かせた。だが実験が始まる直前に玉音放送があり、佐々木たちは実験機を諏訪湖に沈め、神戸に戻った。

1/3ページ

最終更新:2/5(月) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」