ここから本文です

TBS「公開大捜査」記憶喪失男性は誰なのか? 激似の「失踪男児」父親が激白

2/5(月) 6:00配信

デイリー新潮

記憶を喪失した男性がTBSに出演

 TBSは1月31日、「緊急! 公開大捜索'18春~今夜あなたが解決する! 記憶喪失・行方不明スペシャル~」を放送した。午後7時から3時間の生放送だった。

 ***

 この番組に「和田竜人(りゅうと)」さん(仮名)という男性が出演。年齢は「推定25歳」とし、2014年7月29日に愛知県弥富市のショッピングセンターのトイレで意識不明の状態で発見されたと紹介した。

 すぐに保護されたが、外傷などはなかったにもかかわらず、身分を示すような所持品は見つからない。しかも、記憶の一部を喪失していることが明らかになる。このため無戸籍の状態となり、自立支援施設で生活しながら、便利屋の仕事で生計を立てている様子が報じられた。

 さらに和田さんは、17年間、「おじさん」と呼ぶ面識のない男性と生活を共にし、一種の軟禁状態にあったことも告白。15~16歳の時に例外的な外出として歯医者へ通ったエピソードや、「おじさん」の特徴など、断片的に残る記憶について語った。

 14年6月、和田さんは「おじさん」の家を脱走。それから1カ月後、上記のようにトイレで発見される。番組ではスタッフが和田さんと共にショッピングセンターを訪れ、記憶を蘇らせていく――。

 番組が終盤に差し掛かると、視聴者からの情報提供が紹介された。最初は「愛知県の歯科助手」から寄せられたもので、「10年以上前に大人の男性と治療に来た少年と似ている」、「毎回、保険証がなく、実費治療だった」といった内容だった。

「拉致の可能性が否定できない」との指摘も

 次は「三重県四日市市のコンビニオーナー」からの情報が紹介された。「今から7、8年前にアルバイトで働いた男性に似ている」と指摘。アナウンサーがアルバイト男性のフルネームを読みあげた。その名前が、平仮名や片仮名で、字幕で示されることはなかった。この記事ではフルネームは記載せず、イニシャルの「K・H」さんとしておく。

 番組では和田さんに、四日市市の記憶について尋ねたが、「便利屋(の仕事)として行っただけです」、「(コンビニで働いた覚えは)ないですね」と答えた。

 そして番組は、第3の情報を示す。アナウンサーが以下のように説明した。

「先ほどから、いくつも、いくつも、情報を寄せられていることがありまして、実は今から29年ほど前に、4歳の少年が行方不明になった四国での事案があります。警察もその情報を公開しているものがあるんですね。その少年の名前は松岡伸矢くん」

 そして出演者をパソコンのディスプレイの前に立たせ、徳島県警が公表している少年の写真を見せた。カメラはディスプレイを背後から撮影したため、テレビ画面に松岡伸矢さんの写真は映らなかった。

 ここで松岡伸矢さんの事件について、説明をしておく。事件は、1989年3月、徳島県貞光町(現つるぎ町)で発生した。父・正伸さんと伸矢さんを含む一家5人は、身内の葬式のため、町内の親戚宅に宿泊。7日の午前8時ごろ朝の散歩に出かけて戻り、玄関先で僅か約40秒しか目を離さなかったにもかかわらず、伸矢さん(当時4歳)の姿が忽然と消えていた。

 徳島県警や地元消防団が付近を捜索したが伸矢さんを発見できず、以後、行方不明のままになっている。05年には北朝鮮の拉致問題に取り組む「特定失踪者問題研究会」が「拉致された可能性を否定できない」とも指摘している。

1/3ページ

最終更新:2/7(水) 13:26
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。